中古車のコーティングはどこまで綺麗になるの?疑問を徹底解説

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

大切な愛車は時間が経過するごとに汚れ(シミや傷)が付着してしまい光沢が失われてしまいます。
今回この記事を読んでいるということは、傷んだ中古車を綺麗にしたい!もしくは、中古で買った車にコーティングをかけて綺麗な状態を保ちたい!
といったところでしょうか?
または、中古車にコーティングをする意味はあるの?そんな疑問をお持ちかもしれません。

今回はコーティング専門店の著者が中古車にコーティングをする必要性とどれぐらい綺麗になるのか!といったことを徹底解説させていただきます。

コーティング選びの参考にして頂ければ幸いです。

中古車にコーティングって本当に必要?

結論から申し上げますと、中古車のコーティングは必要です。
何故ならば、傷んだ(劣化した)塗装面ならコーティングを行うことで新車のような光沢に復元させることが可能となります。
また、綺麗な状態の中古車であれば、コーティングをしておくことで汚れづらくなったり、光沢を長期間持続させることが可能となります。
中古車のコーティングは様々なメリットがありますので詳しく解説していきます。

中古車の塗装面が傷んでいる状態

長期間使用した愛車や中古で購入した車の多くは、塗装面に細かい小傷がついてしまっていたり、イオンデポジットと言われる細かいシミが付着しているケースがあります。
これらのシミや傷はコーティング作業に含まれる研磨作業で消すことが可能となるのです。また、中古車販売店で車を購入すると納車前に磨き作業を行うことがあります。この磨き作業で塗装面にバフ目と言われる磨き傷がついている可能性があります。これらのシミや傷を除去するためにも中古車のコーティングは必要と言えます。

購入した中古車が綺麗な状態

中古で購入した車が綺麗な状態でも、コーティングをしていないとシミが付着してしまったり、汚れ(花粉や黄砂、鉄粉、虫の死骸)などが付着してしまい汚れが落とせなくなってしまいます。また、紫外線による劣化で塗装面の色あせや塗装の剥離などの可能性があるため、綺麗な状態の中古車でもコーティングを行う必要があります。
中古車を購入した大半が中古車販売店でワックスがけをされています。ワックスは植物から採取される油のため、油膜汚れが付着しやすくなります。
ワックスを除去する点でも中古車のコーティングは必要なのです。

ポリッシャーの磨き傷
上記画像はポリッシャーで研磨した際に付着する傷

スクラッチキズ
上記画像は洗車時などに付着する擦り傷(スクラッチキズ)

塗装面に付着するシミ
上記画像は酸性雨や水道水で付着するシミ

中古車のコーティングはどこで施工できる?

中古車のコーティングは主に4か所で施工することが出来ます。施工4か所によっても価格や仕上がり、持続性は異なりますので何処で施工するかをしっかりと選ぶようにしましょう!

主に施工できる箇所は下記の4か所です。

・中古車販売店
・量販店
・ガソリンスタンド
・コーティング専門店

まずは、上記の4か所がどのように異なるのか見ていきましょう!

輝き(光沢)持続性汚れづらさ仕上がり(クォリティー)価格
中古車販売店半年~1年3万~5万
量販店(自動車パーツ販売店)1年1万~3万
ガソリンスタンド半年~1年5千円~2万
コーティング専門店3年~5年5万~10万

※上記の価格は平均であってショップによって価格は異なります。

中古車販売店

中古車販売店も納車時にコーティングを進めてきたりします。
しかし、中古車販売店の使用するコーティング剤は施工しやすい商品しか取り扱っておりません。

施工しやすいコーティングとはコーティング成分の濃度が薄いためにコーティングの性能が極めて低い傾向にあります。
ネットなどでDIYコーティングが売っておりますがそれらの市販品と同等のコーティング剤を使用するため汚れづらさや光沢、持続性は低いのです。

ポリッシャーの磨き傷

また、上記画像のようにバフ目と言われる磨き傷が付着する可能性があります。この磨き傷とはポリッシャーで塗装面を研磨する際に細かい傷が付着してしまいます。
これらの傷は磨きを行う技術者の経験不足や知識不足から生じてしまうです。

量販店とガソリンスタンド

次に、ガソリンスタイドと量販店をお伝えしていきます。
量販店やガソリンスタンドのコーティング作業はどちらも同じくらいの仕上がりや効果となるためまとめてお伝えさせていただきます。
ガソリンスタンドや量販店のコーティングはアルバイトがコーティング施工をしていたり、専門知識が少ない方が施工するケースもあります。
コーティングのムラが出てしまったり、施工する材料の成分が弱いコーティング剤を使用することもあります。

ガソリンスタンドって大丈夫?費用相場を徹底解説したページはこちらをご覧下さい。

コーティング専門店

コーティング施工で最も仕上がりのよい施工はコーティング専門店へ依頼することです。
その理由は、コーティング専門店はコーティングを行う環境に優れ、使用する商材も高性能な商品が多いのです。

また、施工後のコーティング被膜の乾燥作業を行うため、コーティング本来の効果効能を実現させることが可能となるのです。

仕切られたコーティング施工空間
隔離されたコーティングブース

コーティングを施工する際に、排気ガスや花粉、黄砂などの埃や汚れが塗装面に付着してしまうとコーティング被膜の密着性が低下してしまいます。
コーティング専門店の多くは、仕切られた空間でコーティングを行うため効果効能を最大限引き出すことが可能となります。

コーティング施工後に焼き付け乾燥
コーティング焼き付け乾燥

コーティング施工で最も重要なことは下地処理とコーティング被膜の乾燥作業となります。
この乾燥作業が重要な理由は、コーティング被膜が完全に乾燥(硬化)するまでに約1か月かかると言われております。
この間に、汚れや酸性雨に触れてしまうとコーティング被膜の乾燥に影響を及ぼし、コーティング被膜の効果効能を最大限引き出すことが難しくなります。

一方、熱乾燥(遠赤外線乾燥機)でコーティング被膜を硬化させることで1時間でコーティング被膜が完全硬化し、コーティングそのものの効果効能を最大限引き出すことが出来ます。
自然乾燥に比べ、光沢や撥水性能、硬度が向上するのも遠赤外線乾燥の特徴です。

全国の厳選した9つの専門店をご紹介した記事をご覧下さい。

中古車に行うコーティングの施工手順

中古車にコーティングを施工しようと思った方にお伝えします。

中古車のコーティングは施工手順が最も重要となります。しかし、コーティングの作業って何をやるの?
そんな疑問にお答えしここからは中古車に最適な施工手順と目的についてご案内させていただきます。

ステップ1 細部洗浄

中古車のコーティング作業で一番最初に行うことは細部の洗浄作業となります。
細部洗浄とは、塗装面のパネル間の溝やエンブレム回りなどの汚れを専用ケミカルを使用し除去していきます。

ステップ2 鉄粉除去

ガラスコーティング施工職人

塗装面には異物(鉄粉やピッチ、タール)が付着しています。
これらの異物が残った状態でコーティングを行うとコーティング被膜の密着性が低下するため、本来のコーティング性能を引き出すことが難しくなります。

しっかりとボディの異物を除去していきます。

ステップ3 油膜除去

油膜除去とは塗装面に付着している油汚れを除去する作業です。
ここで言う油汚れとはワックスや排気ガス汚れ、花粉、黄砂などの汚れです。これらの汚れは鉄粉同様にコーティング被膜被膜の密着性を低下させることになるのでしっかりと除去していきます。

ステップ4 研磨作業

研磨作業

 

下地処理で最も技術力が試される施工内容となります。ほとんどの車の塗装面にはシミ(イオンデポジット)やスクラッチ傷が付着しています。これらの傷やシミを除去するために研磨作業を行うのですが、研磨作業は最も技術力が必要となります。研磨の施工方法や使用する研磨剤で塗装の輝きが変わってしまったり、傷やシミが取れていない!という事にもなります。
※技術力が優れた専門店でコーティングを行っても傷やシミが100%取れない可能性はあります。その理由は塗装の膜(塗膜)が薄かったり、傷やシミが深い場合は取り除くことが出来ない場合もあるのを予め理解しておきましょう!

ステップ5 コーティング塗布

コーティング塗布

ステップ4までの下地処理が終わったらコーティングを塗布していきます。コーティング剤によっては2層構造や6層構造のコーティング剤もあります。
コーティング被膜が厚ければ厚い程コーティングの効果が高い傾向にあります。

ステップ6 コーティング被膜の乾燥

コーティング焼き付け乾燥

先ほどはコーティングの乾燥が重要だとお伝えしました。可能な限り遠赤外線乾燥を行えるショップでコーティングを行うようにしましょう!
熱乾燥を行うことでコーティング被膜の硬度や耐久性を引き上げることが可能となるのです。

中古車におすすめのガラスコーティング

中古車は塗装面が傷んでいるケースが多く、前回コーティングした際に研磨をしていたりすると塗膜が薄くなっている可能性があります。
塗膜が厚ければ厚いほど劣化しづらくコーティングの密着性も良いのですが薄くなった塗装面にはコーティング被膜が厚い商品をおすすめします。

中古車におすすめコーティング一覧

膜厚水弾き持続性特徴
ファインラボコーティング4~12μ疎水(そすい)5~7年熱で傷が自己修復する特殊コーティング
セラミックプロ9H2~10μ疎水(そすい)5年硬度に優れ傷がつきづらい
セラミックシールド2~10μ親水(しんすい)5年硬度に優れ傷がつきづらくシミも付着しづらい。
クォーツガラスコーティング0.3μ親水(しんすい)3年シミがつきづらくセルフクリーニング効果に優れる

簡単におすすめコーティングの特徴をお伝えしました。もう少し詳しく見てみましょう!

1位 ファインラボコーティング

ファインラボヒールプラス

ファインラボコーティングがおすすめ1位の理由は最も厚いコーティング被膜を形成します。その為劣化した塗装にコーティングをすることで塗膜が増えるため光沢が向上し塗装面を強化することが出来るのです。

そして、ファインラボコーティング施工後の塗装面に付着した小傷が熱によって自己修復する機能が得られるため、長期間新車のような状態を持続させることが可能となりました。
特に濃色車や青空駐車のお車に最適なコーティングです。

熱で傷が消える驚きの性能を動画で見る

ファインラボコーティングの詳しい内容を見るならこちらをご覧下さい。

2位 セラミックプロ9H

CeramicPro9H

セラミックプロ9Hコーティングは非常に硬いコーティング被膜を形成します。最大の特徴は被膜を10層まで重ね塗りすることが可能となるためより強固にコーティング被膜を整えることが可能となります。従来のコーティングに比べ細かい傷が入りづらく、耐薬品性にも優れるため自然にコーティング被膜が剥がれることはありません。

CeramicPro9Hの性能を動画でご覧下さい。

セラミックプロ9Hの詳しい内容はこちらのページをご覧下さい。

3位 セラミックシールド

セラミックシールド

セラミックシールドはセラミックタイプの親水コーティングとなります。厚い被膜を形成し傷が付着しづらくなると同時に親水効果により雨染みなどのシミ汚れが付着しづらくなります。
また、親水効果に優れるため雨が降ると自動的に汚れが流れ落ちてくれる作用を果たすため青空駐車のオーナー様に人気のコーティングとなります。

4位 クォーツガラスコーティング

クォーツガラスコーティング

クォーツガラスコーティングはコーティングをスプレーにて吹き付けていくタイプのコーティングとなります。細かい箇所まで施工できるのがクォーツガラスコーティングの特徴となります。
施工価格も比較的安価なのも魅力の一つです。また、2000年に販売開始されたロングセラーのカーコーティグとなります。

クォーツガラスコーティングの詳しい内容はこちらのページをご覧下さい。

カーコーティング施工価格と相場について

先ほどまではおすすめのカーコーティングをお伝えしてきました。
次はコーティングの価格と相場についてお伝えしていきます。

中古車でコーティングの価格相場

中古車販売店2万円~5万円
ガソリンスタンド1万円~3万円
コーティング専門店8万円~15万円

上記は施工箇所に応じた価格相場となります。実際の価格はショップによって異なるので施工する場所の価格を調べておきましょう!

おすすめコーティングの価格一覧

ファインラボコーティングの施工価格

コーティング基本セットフルコース(研磨作業込)
サイズ基本セット新車直納
特別価格
サイズプレミアム
フルコース
ウルトラ
フルコース
SS¥214,500¥193,100SS¥278,100¥302,000
S¥252,400¥227,200S¥327,200¥355,300
M¥297,000¥267,300M¥385,000¥418,000
L¥341,500¥307,300L¥442,700¥480,700
LL¥392,700¥353,500LL¥509,100¥552,800
XL¥451,700¥406,500XL¥585,500¥635,700

セラミックプロ9H&セラミックシールドの施工価格

コーティング基本セットフルコース(研磨作業込)
サイズ基本セット新車直納
特別価格
サイズプレミアム
フルコース
ウルトラ
フルコース
SS¥111,300¥100,200SS¥174,800¥198,700
S¥130,900¥117,800S¥205,700¥233,800
M¥154,000¥138,600M¥242,000¥275,000
L¥177,100¥159,400L¥278,300¥316,300
LL¥203,700¥183,300LL¥320,100¥363,700
XL¥234,200¥210,800XL¥368,100¥418,300

クォーツガラスコーティングの価格

コーティング基本セットフルコース(研磨作業込)
サイズ基本セット新車直納
特別価格
サイズプレミアム
フルコース
ウルトラ
フルコース
SS (ムーブなど)¥83,400¥75,100SS¥131,100¥141,200
S (ロードスターなど)¥93,500¥84,200S¥149,600¥177,600
M (プリウスなど)¥110,000¥99,000M¥176,000¥209,000
L (クラウンなど)¥126,500¥113,900LL¥202,400¥244,000
LL(アルファードなど)¥145,500¥131,000LL¥232,800¥276,400
XL (ハイエースロングなど)¥167,300¥150,600XL¥267,700¥317,900

※上記価格は全て税込です。
※上記価格のコースは車の状態が傷んでいる場合はフルコース(研磨作業込み)をおすすめします。
※車の状態が綺麗な場合は基本セットでのコースをおすすめします。
※2020年03月28日現在の価格となります。

コーティングの価格相場を詳しく見るならこちらの記事をご覧下さい。

中古車のガラスコーティング施工事例

ここからは実際に施工したガラスコーティングの施工事例をご紹介していきます。

レンジローバー レヴォーク 新車登録より5年経過

上記動画のように塗装面にスクラッチ傷が付着し、イオンデポジットなどのシミ汚れで塗装面全体がくすんでいる状態でした。
光沢が失われボディの状態はひどく傷んでいますが、下地処理や研磨作業を行うことで新車のような状態に復元することが可能となります。

イオンデポジットが付着したボルボV60にセラミックコーティングを施工

上記のボルボV60も酸性雨によるシミが付着しており酷く劣化している状態でした。
下地処理と研磨作業を行うことで新車時の輝きを取り戻します。

傷んだ愛車でも新車の様に復元できるため諦めずにコーティング専門店に相談しましょう!

中古車コーティングでよく頂く質問

Qどんな中古車でもコーティング出来ますか?
Aはい。20年程経過したお車でもコーティングを施工することが可能となります。ただし、塗装が剥離しているようなお車は塗装しなければならないため綺麗にすることは出来ませんがそれ以外の塗装が剥離していない部分は綺麗にすることが可能となります。
Q中古で車を購入したのですが、すぐにコーティングした方がよいですか?
Aはい。出来るだけ早めにコーティングを行うことをおすすめしております。車の塗装は紫外線や酸性雨で日々劣化してしまいます。塗装が剥離する前にコーティングを行うことをおすすめいたします。
Qかなり傷んでいますが綺麗になりますか?
A塗装が剥がれていたり、爪が引っかかるような傷がなければ基本的に新車の様に復元します。しかし、塗装面にウォータースポットと言われる塗装が陥没したようなシミや飛び石がある場合は除去することは難しくなります。
Q車の状態が綺麗なのですが磨かなくても大丈夫ですか?
A現在気になるようなシミや細かいスクラッチ傷がなければ研磨作業は不要となります。しかし、コーティングを施工するショップによっては洗車しただけでコーティングを載せる場合もあるので、しっかりと下地処理を行ってくれるショップに依頼するようにしましょう!
Qコーティングの種類が多くて何を選べばようのか分かりません。
A車のコーティング選びは駐車環境や洗車の頻度、ボディカラーによって最適なコーティングは異なります。詳しくは正しいガラスコーティングの選び方のページをご覧下さい。
Q自分でコーティングを使用と思っているのですが方法が知りたいです。
A車のコーティングは自分(DIY)でも施工することが可能となります。施工方法は車の状態によって異なりますが、DIYガラスコーティングの施工方法をまとめて見ましたのでこちらのページをご覧下さい。

まとめ

中古車のコーティングの必要性がお分かり頂けたでしょうか?
購入した中古車や新車で購入して長期間経過した車両は紫外線や酸性雨によって劣化してしまいます。

コーティングを行うことで新車のような輝きを復活させ、防汚性効果や耐シミ性能、耐スクラッチ性能が得られるため長期間新車のような状態をキープすることが可能となります。

しかし、施工するショップによって使用するコーティング剤や技術者のレベルは異なりますので信頼できるショップを選ぶようにしましょう!

この記事を読んでくださった方の愛車がいつまでも綺麗な状態で維持できることを願っております。