新車コーティングは必要?依頼できるショップやタイミングを解説

著者情報

著者

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

新車コーティングは必要?依頼できるショップやタイミングを解説

新車を購入するとディーラーで車にコーティングを勧められることがあります。新車のコーティングって必要なの?いつコーティングすればいいの?どこで依頼できるの?と疑問に思っていませんか?

結論から申し上げますと新車時にコーティングをしない場合、紫外線による劣化や汚れの固着、シミ汚れの付着など車に対して様々なダメージが加わってしまいます。

当記事では、新車コーティングが必要の有無やコーティングをするタイミング、コーティングが施工できる場所(ショップ)など、コーティングプロ歴18年の筆者が詳しく解説していきます。この記事を読んで豊かなカーライフが実現できることを願っております。

カービューティーナビ舊役哲史の著者情報

著者情報
株式会社カービューティーアイアイシー
代表取締役社長 舊役 哲史
2008年にガラスコーティング専門店の株式会社カービューテイーアイアイシーに入社
現在まで2000台以上のカーコーティング,ガラスコーティングの施工実績を持ち、特に輸入車などの施工実績が豊富である。カーコーティングのオプション作業としてホイールコーティングの実績も豊富で様々な知識と技術力を有す。
運営会社: カーコーティング専門業者のIIC

 

新車のコーティングは必要?

新車のコーティングが必要か必要じゃないかの違い

必ずしもすべての方が新車のコーティングが必要とは限りません。コーティングをした方がよい人は、「愛車を新車のような状態をキープしたい!」「洗車を楽にしたい」と思っている人は新車時のコーティングをおすすめします。一方、「愛車の見た目はあまり気にしない」「洗車はほとんどしない」と思っている方はコーティングをおすすめしません。その理由を詳しく見ていきましょう。

洗車の有無車の美観
新車のコーティングがおすすめの方洗車する(月1回以上)美観を保ちたい
新車のコーティングをおすすめしない方洗車しない(数カ月に一度)美観は求めない

新車時にコーティングした方がよいケース

新車時にコーティングした方がよいケースとは、愛車を新車のような状態で長く保ちたいと考えている方や洗車時のお手入れを楽にしたいと考えている方は車のコーティングはおすすめです。カーコーティングをすることで、水弾きが良くなり洗車時の汚れ落ちが格段に楽になります。また、コーティング膜が塗装面を覆うことで愛車を紫外線や酸性雨、擦り(摩擦)などから守るため新車のような状態を長くキープすることが可能となります。
参考になる記事:ガラスコーティングとは効果や価格,お手入れ方法をプロが徹底解説

新車時にコーティングしない方がよいケース

新車時にコーティングしない方がよいケースは普段洗車しない方や車の美観にこだわりがない場合はコーティングをおすすめしません。カーコーティングは愛車の美観を保たせるために行う作業です。また、コーティングを施工しても普段洗車しない場合は汚れがコーティング膜に蓄積してしまいすぐにコーティングが剥がれてしまったり、効果が数カ月で落ちてしまうため必要はないと言えるでしょう。
参考になる記事:車コーティングの必要性は人それぞれすぐわかる!あなたはどっち?
参考資料:アンケート調査実施!!つけるか迷うカーオプション6個の装着率と人気のカーアイテム11個まとめ

新車時にコーティングをするメリット

新車時にコーティングをするメリットとして、愛車を新車のような状態で長く維持できることと、普段の洗車が格段に楽になる点です。

新車以上に艶(光沢)が増す

コーティング 光沢

新車時にコーティングをすることで、新車以上の光沢が得られます。カーコーティングは厚い被膜を塗装面に覆うため光沢に深みが増し新車よりも遥かに美しい塗装を実現します。

洗車が楽になる

防汚性能

新車時にコーティングを施工することで、塗装面に付着した汚れや水滴を弾くため洗車時の汚れ落ちが格段によくなります。そのため、普段の洗車の時間が短くなるためお手入れが格段に楽になります。

売却時の査定額が上がる

査定額が上がる可能性がある

車を売却した際に査定額が上がるケースもあります。車の下取り額を決めるのは、①年式②走行距離③修復歴の有無(事故の有無)④整備記録(オイル交換など)⑤見栄え(外装の状態)です。この見栄え(外装の状態)が綺麗だと次のオーナーさんに車を売る際に高評価となるため査定額が向上すると言われています。

耐擦り性能に優れる

塗装面の小傷
新車は細かい擦り傷が少なく状態で納車されます。その状態をキープするためにガラスコーティングなどの硬いコーティングを施工することで洗車時の摩擦で細かい擦り傷がつきづらくなるため、常に美しい光沢を維持できるといったメリットが得られます。

紫外線による色褪せや剥離を防ぐ

車の塗装の色あせ

カーコーティングしていない車は紫外線による塗装の色褪せは剥離が発生します。新車時にコーティングをしておくことで紫外線による劣化を防ぎ、新車時の状態を長くキープすることができるのです。

紫外線で塗装が剥離することも
クリア塗装の剥がれ
紫外線による劣化が進行すると塗装面のクリア塗装が剥離してしまうケースもあるので注意が必要です。

酸性雨や黄砂による劣化を軽減

新車の塗装に酸性雨や黄砂が付着してしまうと塗装を劣化させ、シミが付着したり塗装を酸化させてしまいます。新車時にコーティングを施工することで酸性雨や黄砂による劣化を軽減させるため常に綺麗な状態をキープすることが可能となります。

参考資料:黄砂化学成分調査
参考資料:平成30年度酸性雨調査結果について
参考資料:酸性雨による塗膜劣化とその対策

新車のコーティングが依頼できるお店

コーティングのベストなタイミング

新車のコーティングは主に、カーディーラー、カー用品店、専門店で施工することができます。各店舗で特徴や費用相場が異なりますので詳しく見ていきましょう。

店舗費用相場特徴
カーディーラー10万~20万円ガラスコーティングなどのコーティングを取り扱っておりコーティングの寿命は3年~5年となります。新車納車時にコーティングが施工できるといったメリットが得られます。
カー用品店2万~8万円比較的安価な施工費用でコーティングを施工できるとことがメリットです。ポリマーコーティングやガラスコーティングを取り扱っておりコーティングの寿命は1年~3年となります。
コーティング専門店10万~30万円セラミックコーティングやガラスコーティングなど特殊なコーティングを扱っており寿命は5~10年となります。コーティング後の熱乾燥や施工環境がよく仕上がりや耐久性のよいコーティングが施工できます。

ボディ以外の施工

新車を買ったらボディコーティング以外にもプラスティックやガラス、ホイール、ヘッドライト、レザーシートなど様々な箇所にコーティングを施工することができます。

 窓ガラスコーティング

窓ガラスコーティング

窓ガラスコーティングをすることで油膜の付着を防ぎ、常に良好な視界を保ちます。ゲリラ豪雨のような雨でもコーティング膜が水滴を弾くため雨天走行の安全性を確保します。
関連記事:フロントガラス撥水コーティングの料金・価格を種類別に徹底比較

ホイールコーティング

ホイールコーティング

ホイールはボディよりも汚れやすく泥汚れや油汚れ、ブレーキダストなど様々な汚れが固着します。ホイールコーティングを施工しておくことで洗車が楽になり新車のような状態を長くキープすることが可能となります。
関連記事:ホイールコーティングの必要性とはコーティングのプロが解説

ヘッドライトコーティング

ヘッドライトコーティング

ヘッドライトはポリカーボネートの素材で作られており、このポリカーボネートは紫外線による劣化が受けやすくなります。ヘッドライトが紫外線で劣化すると黄色く黄ばんでしまうため、新車時にコーティングをして黄ばみ防止を行う必要があります。
関連記事:新車の状態を維持できる!ヘッドライトの黄ばみを予防する3つの方法

レザーシートコーティング

レザーシートコーティング

レザーシートは摩耗により亀裂が入ったり、ジーパンなどの色移りが発生しやすいため経年劣化していきます。新車時にコーティングをしておくことでジーパンの色移りや摩擦による亀裂などを予防することが可能となります。
関連記事レザーシートコーティングの必要性と施工価格を解説

プラスティックコーティング

プラスティックコーティング

新車時は綺麗でも、紫外線による劣化でプラスティックパーツ(未塗装樹脂パーツ)は白く白濁してしまいます。新車時にコーティングをしておくことで紫外線による劣化を防ぎ未塗装樹脂パーツの白濁を抑えることが可能となります。
関連記事:樹脂パーツの劣化を防ぐコーティングと白濁した樹脂を復元する方法

新車コーティングでよくある質問

 

新車コーティングをするベストなタイミングは?

新車時のコーティングでベストなタイミングはディーラーで納車されてから2週間以内が理想です。理由は2週間以上経過した車両は紫外線によるダメージや酸性雨によるダメージが加わり、下地処理などの費用が発生する場合があるからです。新車時の綺麗な状態でコーティングを行うことにより、余分な下地処理を避けることが可能となり、コーティングの施工価格も安く抑えることが可能となります。

新車のコーティングは何を選べばいいの?

新車のコーティングは5種類ほど存在します。コーティングの種類で得られる効果や持続性、費用が異なります。その為、どんな効果を得たいのか?を確認しておくことでコーティングが選びやすくなります。また、車のコーティングを選ぶ時のポイントは洗車頻度と駐車環境そしてボディカラーとなります。理由は、駐車環境やボディカラーによって汚れの付着具合や劣化具合が変わってくるので、コーティングの種類を選ぶ際に重要となります。詳しくは、下記のページを参考にしていただき車のコーティング種類を決めることをおすすめいたします。
参考になる記事:車のコーティングは5種類!コーティング種類による効果をプロが解説
参考になる記事:車のコーティングの選び方が10秒でわかるフローチャートをプロが解説

新車のコーティングをDIYで考えてます。

自分で施工するのが得意な方でしたらDIYコーティングは非常におすすめです。しかし、使用するコーティング剤選びを間違えると思ったような効果が得られなかったり持続性が低い場合がありますのでコーティング選びは慎重に行ってください。DIYでコーティングを選ぶなら、楽天やAmazonなどのサイトで口コミを見ておくとよいでしょう。また、当店では、通信販売でガラスコーティング剤も販売しておりますので下記の通販ショップもご検討いただければと思います。
通販サイト公式:SCHILD®公式HP プロ仕様のDIYコーティング剤
通販サイト公式:SCHILD®楽天  プロ仕様のDIYコーティング剤

新車にコーティングは必要ですか?

愛車を新車のような状態で維持させたいと考えている人はコーティングは必要です。洗車を楽にしたいと考えている人もコーティングは必要です。車が納車されたら出来るだけ早めにコーティングすることをおすすめします。

新車にコーティングしないとどうなる?

新車にコーティングしないと、紫外線によるダメージや酸性雨、汚れの固着などで光沢が低下し、塗装の色褪せや剥離、シミの付着など様々なリスクを抱えています。新車を常に綺麗に保ちたいと考えるならカーコーティングをしておきましょう。

まとめ

新車のコーティングは必要な方とそうでない方がいます。

愛車を新車のような状態で長くキープしたいと考えている方はコーティング施工がおすすめです。しかし、カーコーティングは高額な費用が発生するため予算と相談して施工するかどうか決めましょう。

また、新車のコーティングはカーディーラーやカー用品店、専門店で施工できるので、貴方がコーティング施工に求める効果や予算、寿命に応じてコーティングを選ぶようにしましょう。

今回の記事を読んで豊かなカーライフが実現できることを願っております。

〈次に読むべき記事:セラミックコーティングの費用,効果,を徹底解説,3つの注意点

 

車のコーティング
千葉県市川市のカービューティーアイアイシー
車のコーティングは千葉県市川市の
カービューティーアイアイシーへ