車のガラス,コーティングの水弾き親水,撥水,滑水どれが一番よい?

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

コーティングの水弾きには撥水,親水,疎水の大きく分けて3種類!

車のコーティングの水弾きって沢山種類があってどれを選べばよいのか分からないですよね?撥水タイプや親水タイプ、滑水タイプなど車のコーティングを選んでいると必ず比較する上で必要になってきます。

実はコーティングの水弾きってコーティングを決める上で最も重要な指標なんです。水弾きを理解しないでガラスコーティングをしてしまうと、シミが付着しやすくなったり、汚れ落ちが思ったより悪かったりして後悔してしまいます。今回の記事では、①撥水(はっすい)コーティング②親水(しんすい)コーティング③滑水(かっすい)コーティングの3種類におけるメリット、デメリットを解説すると同時に、愛車に最適な水弾きが選べるように詳しく解説していきます。最後までお読み頂きガラスコーティング選びの参考にして頂ければ幸いです。

著者情報:千葉県,東京都カーコーティング施工店のIIC

1章 車のコーティングの3種類の水弾き

車のコーティングやガラスコーティングには水弾きが3種類存在します。施工するコーティングによって水弾き(撥水、親水、滑水)が異なります。この3種類の水弾きは塗装面と水滴の接触角度を表すもので、水滴の角度が鈍角になると親水と定義されます。一方、水滴がコロコロ弾くタイプのコーティングが撥水となります。上記のようにそれぞれの水弾きによって塗装面に水滴が付着した際の弾き方が異なります。各水弾きによって特徴が異なるので詳しく見ていきましょう。
水弾き

2章 ガラスコーティングの水弾きによるメリット、デメリット

愛車を長期間輝かすために車のコーティングの水弾きはとても重要となりますので2章では、各種水弾きによるメリット、デメリットについて見ていきましょう。

水弾きが撥水タイプのメリット、デメリット

車のコーティング撥水の水弾き

撥水タイプの水弾きの定義は水滴の接触角度が100度以上となります。コーティング施工後に水が弾くので洗車や雨天走行時が気持ちよく、コーティングが掛かっている実感を得られやすい商品となります。

撥水タイプの水弾きを動画で見る

 

撥水コーティングのメリット
撥水コーティングのメリットは水が弾くと同時に汚れも弾く性質を持つため、洗車時の汚れ落ちが非常によくなります。また、親水や疎水に比べると光沢にも優れる性質をもっています。

撥水コーティングのデメリット
撥水コーティングのデメリットとしては下記の画像のように水滴がレンズ効果の役割を果たし、塗装面が陥没しウォータースポット(シミ)が発生しやすくなるため青空駐車の車両には不向きとなります。

水弾き撥水のデメリット

水弾きが親水タイプのメリット、デメリット

コーティングの水弾きが親水
親水タイプのコーティングの水弾きは塗装面に水滴が馴染む性質があり接触角度は40度以下と定義されています。雨が降ると塗装面に水滴が馴染むためシミ汚れが付着しづらい水弾きとなります。

親水タイプの水弾きを動画で見る

親水コーティングのメリット
親水コーティングのメリットは水滴が塗装面に馴染む性質があるため、水滴が直射日光に当たりレンズ効果の役割を果たしてシミになるというリスクを軽減します。親水コーティングは3種の水弾きの中で最もシミが付着しづらいコーティングとなります。また、セルフクリーニング効果(自浄性能)が非常に高い性質をもち、まとまった雨が降ることで汚れも自動的に流れ落ちてくれる効果も得られるため、青空駐車や洗車をあまりしない方におすすめの水弾きとなります。

親水コーティングのデメリット
親水コーティングのデメリットとして、塗装面に水滴が馴染むように汚れも馴染みやすくなります。その為、洗車時の汚れ落ちが撥水コーティングに比べ悪くなります。洗車が好きな方や適度に洗車する方は撥水コーティングの方が人気となります。

水弾きが滑水(疎水)タイプのメリット、デメリット

水弾きが滑水メリット

滑水タイプのコーティングは塗装面に馴染みながらも水滴になるタイプのコーティングで水滴の接触角度の定義は40~90度とされています。

滑水(疎水)タイプの水弾きを動画で見る

滑水(疎水)コーティングのメリット
滑水タイプのメリットは親水、撥水両方の良い点を兼ね備えたコーティングとなります。洗車時の汚れ落ちもよく、セルフクリーニング効果にも優れるため雨が降ると汚れが比較的流れ落ちやすくなります。また、光沢にも優れるため見栄えも良いのが疎水タイプの特徴です。

滑水(疎水)コーティングのデメリット
滑水の水弾きによるデメリットは親水コーティングに比べシミがつきやすいという点です。もちろん撥水に比べればシミは付着しづらくなりますが、親水に比べるとシミは付着しやすいため、あまり洗車しない方は親水コーティングの方が人気です。

以上が各種水弾きによるメリット、デメリットでした。続いては、各種水弾きでお勧めのコーティングをご紹介していきます。

3章 各種コーティングの水弾きによるおすすめ商品

ここからは各種コーティングの水弾き別のおすすめ商品ご紹介させていただきます。

撥水の水弾きはハイモースコーティングがおすすめ

撥水コーティングを施工しようと思ったならハイモースコートがおすすめとなります。ハイモースコートの特徴として、高純度のフッ素を添加させているため従来の撥水コートよりも撥水性能が強くなります。他社製品に比べ撥水性能が長期間持続するため長期間愛車の輝きを持続させることが可能となります。また、ハイモースコートは公的試験を受けてその耐久性を実証された商品です。

ハイモースコートの撥水の持続性の比較(赤グラフがハイモース、青グラフが他社製品)

ソフト99ハイモースコートメーカーページへ

親水の水弾きはセラミックシールドがおすすめ

セラミックシールド「親水」
セラミックシールドは水弾きが親水タイプのコーティングとなり、セラミック被膜が塗装面を強固に形成し塗装面に加わる摩耗を軽減させ、細かいスクラッチ傷が付着しづらくなります。また、親水効果による耐シミ性能に優れ、イオンデポジットやウォータースポットの付着を大幅に軽減させる製品です。セラミックシールドはセラミックタイプのコーティングとなるため、ガラスコーティングよりも効果効能が高く、持続性に優れます。また、被膜硬度9Hのコーティング被膜を形成するので傷が入りづらく光沢に優れた製品となります。

疎水(滑水)の水弾きはセラミックプロ9Hがおすすめ

セラミックプロ9Hコーティングは従来のガラスコーティングとは異なりセラミックスコーティングとなります。この製品は耐擦り性能や防汚性に最も優れたコーティングとなります。また、1度形成した被膜は研磨しない限り落とすことが出来ないほど強固な被膜を形成します。耐薬品性にも優れているので、酸性雨による酸化や雪国走行時の融雪剤などによるアルカリ物質による劣化も防止することが可能となります。自然劣化しにくいセラミックプロ9Hは史上最強のカーコーティングです。

セラミックプロ9Hの驚きの効果を動画でご覧下さい。

セラミックプロコーティングの詳しい内容はこちら

まとめ

カーコーティングには3つの水弾きがあります。撥水タイプ、親水タイプ、滑水タイプのカーコーティングは水弾きによって特徴や効果効能が異なるため、洗車の頻度や駐車環境、ボディカラーに合わせて水弾きを選ぶことが重要となります。

今回の記事を読んでコーティングの各種水弾きのメリット、デメリットを理解してコーティングを選ぶようにしましょう。この記事を読んで愛車の快適なカーライフを実現できれば幸いです。

関連記事:車のコーティングの選び方が10秒でわかるフローチャートをプロが解説
関連記事:ガラスコーティングとは効果や価格,お手入れ方法をプロが徹底解説

車のコーティング
千葉県市川市のカービューティーアイアイシー
車のコーティングは千葉県市川市の
カービューティーアイアイシーへ