車に付着するイオンデポジットの発生原因とその対策とは何か、プロが解説!

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

車に付着するイオンデポジットの発生原因とその対策とは何か、プロが解説!

車にできてしまった白い斑点のような模様・・・。洗車をすると落ちるけど、しばらくするとまた模様が現れる。この白い斑点のような模様にうんざりしてこのページをご覧いただいているのではないでしょうか?実はこの正体はイオンデポジットと呼ばれる現象なのです。
場合によっては、簡単に取れないウォータースポットが発生してしまい研磨作業をしなくてはならない状態にまで発展することもあります。

結論からお伝えすると、洗車の仕方や日々のメンテナンスによって付着させにくくすることが可能です。

そこで今回の記事では、イオンデポジットの発生原因とその対策方法についてプロショップのIICが詳しく解説していきます。

運営元:神奈川県でガラスコーティング実績豊富なIIC

関連記事1:イオンデポジットとウォータースポットの違いと付着した場合の対処法
関連記事2:雨染みが付着する原因と雨染みを取り除く方法をプロが徹底解説

1章.イオンデポジットが発生する根本的な原因とは何なのか

はじめにイオンデポジットが発生する根本的な原因は何なのかをお伝えします。
発生する原因を知っておくことで

水道水の影響でイオンデポジットが発生してしまう

 水道水に含まれるカルキ、塩素の影響によってイオンデポジットが発生してしまいます。
イオンデポジットは洗車時の水道水の水分が蒸発し、乾燥していく過程で不純物がボディに残り、白い斑点のシミになったものです。
これらはボンネットや天井に発生することが多く、水道水、雨粒が温度上昇し、蒸発することで不純物だけがボディの塗装面に残り、イオンデポジットとなります。
そのため、使用する水分に注意する必要があります。
従って、原因としてあげられるものは水道水に含まれるカルキや塩素のみがボディに残った状態が原因となります。

雨による影響で付着してしまう

 酸性雨と大気中の汚れが蒸発することによりイオンデポジットが発生してしまいます。
結論としては長期間雨ざらし状態で放置しておくとイオンデポジットが硬く蓄積してしまい、簡単に除去ができなくなってしまうだけでなく塗装面にまで浸食してしまうこともあります。
こうなった場合は専用のクリーナーを使用しても除去が困難になり、専門店で除去を依頼しなくてはならない状態にもなりかねません。
そのため、雨の後に水分が蒸発することでイオンデポジットが発生してしまう原因となります。

2章.イオンデポジットが発生する3つのよくあるケース

前章ではイオンデポジットが何なのかを説明いたしました。
この章では具体的にどういった行動がイオンデポジットを発生してしまう原因となるのかを解説していきます!

洗車後の拭き残しが原因

 洗車後の拭き残しがあると、そこからイオンデポジットが発生する原因となります。
洗車を行うと必ず水滴が付着します。その拭取りが甘いと水滴がボディに残り、結果として蒸発した時に不純物が残り、イオンデポジットの原因となってしまいます。
イオンデポジット 原因

気温が高い中での洗車を行う

 気温が高い中での洗車はオススメはしません。
直射日光などで水分の蒸発を速めてしまう可能性がありイオンデポジットの原因となります。
また真夏日での洗車は、車体が高温となりやすくなるため炎天下での洗車は控えるのが良いでしょう。

気温が高くもしくは直射日光がある時間帯をさけて洗車をするのがオススメです。

イオンデポジット 原因 直射日光

雨が降った後に洗車を行っていない

 雨が降った後に車体に水滴が残ってしまいます。
雨には多くの不純物が含まれており、水分が蒸発しやがてイオンデポジットの原因になります。
そのため、雨に濡れた場合は2週間以内には洗車をするように心がけましょう。
コーティング選びは純水

3章.イオンデポジットを発生させないための5つの対策方法

この章ではイオンデポジットを発生させないための対策方法をお伝えします。
日々のメンテナンスこそがイオンデポジットを発生させないための対策なのです。

①雨に濡れたら洗車を行う

 有効な対策として雨に濡れたらすぐに洗車を行うことです。
雨に濡れたら2週間以内に洗車を行うことをオススメします。
2週間以上経過するとイオンデポジットが発生してしまいます。
また、雨が止んだら水滴を極力残さないように水分を拭取ることも有効です!

②屋外の駐車を避ける

 有効な対策の2つめは屋外の駐車を避けることです。
屋外に駐車するとすくなからず雨から車体を守ることが可能です。
しかし、立地条件から屋外に駐車をすることもあるかとおもいます。
その場合は、雨から守るために車体カバーの使用をオススメします。
車体カバーを使用すると風などの要因で車体に擦れて細かいスクラッチ傷が付着する恐れがありますので注意が必要です。

③コーティング施工を行う

 最も有効な対策はコーティング施工を行うことです。
コーティング施工をすることによって汚れや雨の付着を防ぐことができます。
コーティングを行うことで車体に膜が貼られ、水の付着を防ぐと同時に汚れからも保護することが可能です!
また、様々な外的要因から車両を守ると同時に車体に艶が生まれます。

雨シミになりづらいオススメのコーティングは親水性のコーティングがオススメです!
コーティングの撥水性能には種類があります。
具体的には以下となります。
親水性
撥水性
滑水性

各性能に関して簡潔にご説明いたします。
親水性は、水玉にならずにまとまりながら流れ落ちるコーティングになります。
撥水性は、コロコロと水玉のようになり、水を弾くコーティングとなります。
滑水性は、流れ落ちながら水通しがまとまり、流れおちるコーティングとなります。

コーティングの性能の種類に関しては以下の関連記事に詳しく記載があります。
関連記事:車のコーティングは5種類!コーティング種類による効果をプロが解説

親水性のコーティングは水玉にならずホースで水をかけるとベターと塗装面に馴染むため、雨シミが付着しづらい。
また、自浄性能
もあるため、雨がふることで汚れも流れ落ちてくれます。
当店では、カーディティーリング業22年の実績を誇り車体の磨きやコーティングなど豊富な種類のコーティングを行っております。
店舗の詳細につきましてはこちらになります。
HP:コーティング専門店カービューティーIIC

④井戸水洗車を避ける

井戸水で洗車を行うと白いシミのようなものが付着してしまいます。
井戸水にはカルシウムや鉄分が豊富に含まれています。
付着してしまった場合には、出来るだけ早めに除去するようにしましょう。

そのまま放置してしまうと塗装面に浸食してしまい、ウォータースポットとなってしまい、研磨作業でなければ落としきれない状態となってしまいます。

関連記事:井戸水の洗車が車を傷める理由と井戸水でついたシミを取る方法

⑤青空駐車は撥水コーティングを避ける

青空駐車をしている場合のコーティングは撥水タイプを避けることです。
撥水タイプのコーティングでは水玉がレンズ効果の役割を果たし、塗装面にイオンデポジットやウォータースポットを付着させてしまいます。
青空駐車の場合は水玉にならないように、親水タイプのコーティングを選ぶようにしましょう。

関連記事:青空駐車におすすめのコーティングと綺麗に保つ5つのポイント

4章.イオンデポジットの除去方法

この章では除去方法についてお伝えしていきます。
結論から申し上げますとコーティング専門店に依頼することです。
専用のクリーナーで部分的に落としきったとしても長く放置されたウォータースポットの場合は塗装面にまで浸食してしまっているため専用のクリーナーでは除去しきれず、
かえって費用がかかってしまう可能性もあります。

専用のクリーナーを使用して除去する

何度も洗車しても落としきれない場合は専用のクリーナーを使用しましょう!

洗車を数回して落としきれない場合は洗車ではなく専用のクリーナーを使用するようにしましょう。洗車を繰り返すことでかえって洗車傷や水シミを発生させてしまう場合もあります。

オススメはイオンデポジット除去剤です。

イオンデポジット除去剤の購入について

楽天ショップ価格:3,410円
Aamzon価格  :3,190円
公式ショップ価格:2,750円
※2021年9月現在の価格です。

弊社でも使用しているこのクリーナーはイオンデポジットを簡単に除去することが可能です。

落とすステップとしては以下の通りです。

①洗車をする
②イオンデポジット除去剤を塗る
③拭取り

除去方法を動画でみる

コーティング専門店に除去の依頼をする

専用のクリーナーでも落としきれない場合はコーティング専門店に除去の依頼をしましょう
イオンデポジットの状態であれば専用のクリーナーで除去することは可能ですが、イオンデポジットの状態が長く続くことでウォータースポットとなってしまう場合があります。

このウォータースポットの状態になってしまうと専用クリーナーでは落とすことが不可能です。
強く擦ってかえってボディの塗装面を傷づけてしまう恐れがあるため、落ちないと判明した段階で専門の業者に依頼するようにしましょう!

イオンデポジット 原因 研磨作業

まとめ

いかかでしたか?

イオンデポジットは専用のクリーナーで簡単に取り除くことが出来ますが、放置していると進行してしまいウォータスポットを付着させてしまいます。
イオンデポジットの段階で早めに除去するように心がけることが大切です

また、イオンデポジットの付着を防止するためにはマメに洗車することと、洗車時に水道水が乾かないように注意しましょう!

イオンデポジットの原因や対策に関して参考にして頂き、快適なカーライフが実現できることを願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

車のコーティング
千葉県市川市のカービューティーアイアイシー
車のコーティングは千葉県市川市の
カービューティーアイアイシーへ