ウォータースポットの除去をする方法とウォータースポットの対策とは

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

ウォータースポットの除去する方法とウォータースポットの対策とは

「白い斑点のようなシミが付着している」
あなたは今まさにこのような状態にお困りではないでしょうか?

車の塗装面にはイオンデポジット、ウォータースポットといわれる水シミが付着します。

ウォータースポットはイオンデポジットが付着した後に塗装面にまで浸食してしまった状態のことを言います。

イオンデポジット
※ウォータースポットの状態

ウォータースポットの状態が気になり、洗い落とそうと強くこすったりすることがかえって洗車傷を増やしてしまう原因ともなります。
そのため、落ちないからと強く擦ったりするのは絶対に行わないようにしましょう

イオンデポジットの状態であれば洗車をすることで洗い落とせることも可能ですが、ウォータースポットになると洗車のみでは消すことはできません。
さらに塗装面にまで浸食してしまっているため、除去するのは専門業者で除去してもらうか、または研磨作業をする必要があります。


※イオンデポジットの状態

そこで、今回の記事はうんざりするウォータースポットの除去方法と付着しないための対策をプロの視点でお伝えいたします。

1章.ウォータースポット除去作業前に!まずは自分で除去できる状態なのかを確認しよう

自分で除去できる状態

ウォータースポットにならずにイオンデポジットとして水垢が付着している状態
水の中に含まれるミネラルなどの不純物がボディに付着し、白いリング状となって残ったものです。
このような状態の場合は洗車を行うことで、除去することが可能です。一度で洗い落とせない場合でも数回繰り返すことで除去できます。
また、専用の除去クリーナーで取り除くことも可能です。
ウォータースポットになりうるイオンデポジット画像

自分で除去はNG!プロに任せるべき状態

ウォータースポットとなってしまい、水垢クリーナーを数回使用しても落としきれない状態
ボディについた雨粒などの水滴がレンズの働きをしてしまい、日光の熱を集めてしまったことにより、ボディの塗装面が焼けたり、凹凸ができてしまったものです。
ウォータースポットが付着した画像

自分で除去できる場合は3章へ、専門店に依頼したほうがよい場合は2章へお進みください。

        イオンデポジット           ウォータースポット

           ⇩                   
           3章                  2

2章.ウォータースポットを除去する方法

ウォータースポットの場合はプロショップへ依頼しましょう

ウォータースポットとなった場合は自分で除去するのは不可能です。

ウォータースポットは塗装面に傷がついている状態です。
こすり傷などと同様に程度の軽いものであればコンパウンド入りのワックスなどで対処することができますが、基本的に板金塗装店などの専門店で除去してもらう必要があります。

当プロショップアイアイシーでは、上記の動画のようにして除去しております。

3章.イオンデポジットの除去方法

  イオンデポジットの除去方法としてまずは洗車をすることが一番です。
イオンデポジットは放置すればするほど塗装面にまで浸食し、凹凸を作ってしまいます。
これからご紹介する洗車方法に沿って自分で洗車をすることで軽微なイオンデポジットであれば洗い落とすことができます。

 STEP1水で洗い流す
 STEP2 カーシャンプー等を使用し汚れを落とす
 STEP3水分が残らないようしっかりと吹き上げる
 STEP4水垢クリーナーを使用し、イオンデポジットを除去する

イオンデポジットはボディ表面についたミネラル分の汚れであるため、こびりつく前なら通常の洗車で洗い流すことができます。

洗車で落ちないようなしつこいイオンデポジットの場合は、専用のクリーナーを使うことでより完全に落とすことができます。一度で落としきれない場合も数回繰り返せば奇麗になる場合もあるので、何度かチャレンジしてください。
塗装面まで浸食してしまった場合は洗車では落としきることは不可能です。自力で解決しようとせずに、と専門店などに相談するのが良いでしょう。

STEP1水で洗い流す

まずはボディ全体をホースで洗い流し、ホコリや汚れを落としていきます。
ウォータースポットが付着しないための水洗い画像

STEP2カーシャンプーなどを使用し汚れを洗い流す

ボディ全体をある程度の汚れを水で流し終えたら、カーシャンプーを使用して汚れを洗い流します。
バケツにシャンプーを入れ、よく泡立ててから洗い始めましょう。
洗い終えたら再びホースで洗い流しましょう

STEP水分が残らないようしっかりと吹き上げる

洗い流し終えたら、水分をふき取りましょう。
このとき水が残りやすいボンネットから吸水性の高いマイクロファイバークロスを使用して拭取ることをオススメします。
マイクロファイバークロスであれば濡れたボディに乗せて引き寄せるだけで拭取れるため、何度も拭取る必要がなく、塗装面にも優しいのでオススメです。

ウォータースポットが付着しないための 拭き上げ画像

STEP水垢クリーナーを使用し、イオンデポジットを除去する

STEP3の肯定でイオンデポジットが洗い流れない場合は専用のクリーナーを使用して、イオンデポジットを除去します。
当プロショップIICでも使用している「イオンデポジット除去剤」がオススメです。

ウォータースポットにらないためのイオンデポジット除去画像

イオンデポジット除去剤
税込2,750円
※2021年8月現在の価格

なお一度で洗い流せなくても数回繰り返せば奇麗になる場合もあるので、何度かチャレンジしましょう。
長期間堆積して塗装面まで浸食してしまったイオンデポジットは洗車では落としきれないため、専門店に相談するようにしましょう。

4章.初心者は注意!ウォータースポットにならないよう注意すべきポイント

ウォッシャー液・使う水の成分などに注意すること

注意すべきポイントの1つ目は使用するウォッシャー液や、水の成分に注意することです。
ウォッシャー液を使用した際に水分が蒸発し、残留物が塗装面やフロントガラス面に固着してしまいます。撥水剤が含まれるウォッシャー液は塗装面に悪影響を及ぼすため、汚れた際には自分で拭くように心がけるのが良いでしょう。
また、水道水の使用も注意したほうがいいです。
水道水に含まれるカルキ、塩素、カルシウム、マグネシウムなどの影響により塗装面に白いシミを付着させます。
この水道水が乾いてしまうことによって残留物であるカルキや塩素、カルシウムが塗装面に残ってしまうので、付着した場合は速やかに拭取ることをオススメします。

洗車後の水分は必ず拭き上げるようにすること

注意すべきポイントの2つ目は水分は必ず拭き上げるようにすること
イオンデポジットは洗車の仕方一つで付着します。そのため、洗車後は可能な限り水分を拭き取ることがポイントとなります。
拭取り後に車体全体を一周して確認し、水分が残っていないかを確認するようにしましょう。

5章.ウォータースポットを予防するならカーコーティングが最も有効な2つの理由

【理由①】水滴汚れが残りづらいため、親水性のコーティングが良い

親水性のコーティングはまとまって水を弾く効果があり、水玉になりづらいためイオンデポジット対策には効果的です。
それに加えてセルフクリーニング効果が親水性は高いので、塗装面にシミを付着させるリスクを軽減できます。
また、最大の利点は雨が降ることで汚れが残留せずに流れ落ちやすい点です。

そのため、親水性のコーティングが最も有効だといえます。

【理由②】撥水性では水玉のように弾くため、塗装面に残留物が残りやすくなる

撥水性のコーティングでは水玉のように弾くので、残留物が残りやすいです。
撥水の場合は水玉模様のよう水を弾く効果があり、この水玉に直射日光が当たることでレンズ効果の役割を果たし、塗装面に焼き付き、雨ジミが固着してしまいます。
この残留物がイオンデポジットとなり、それがウォータースポットになってしまい、研磨作業で磨かない限り取り除けない雨染みになってしまいます。

撥水性と親水性の違いをご覧ください。

親水性の弾き具合


撥水性の弾き具合

まとめ

いかがでしたか?

ウォータースポットの除去方法について詳しく解説していきました。
自分で除去できるのはイオンデポジットの状況となります。ウォータースポットの状態になると自分で除去できず、専門業者に依頼しなくてはなりません。
ウォータースポットが付着しないようにするためのポイントとしては3つあげられます
コーティングを施工する」「こまめに洗車をすること」「屋外駐車場を避けることです。

以上のことに気を付けながら愛車をイオンデポジットやウォータースポットから保護してあげましょう。

また、ガラスコーティングを施工することでウォータースポットなどのシミ汚れが付着しづらくなるのでまだ施工していない方はコーティングを検討してみるのもよいと思います。

本記事が皆様のお役に立ち、よりよいカーライフのお手伝いができれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事:黒い車の最適なコーティングとお手入れ方法をプロが完全解説

車のコーティング
千葉県市川市のカービューティーアイアイシー
車のコーティングは千葉県市川市の
カービューティーアイアイシーへ