カーフィルムとは

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

カーフィルム施工

カーフィルムとは

車内を快適に

車内を快適にするカーフィルム

カーフィルムとは、車のガラスの内側に張り付けるカーフィルムです。太陽光には3種類あり、【赤外線、可視光線、紫外線】があります。これらを効果的にカットすることによって、紫外線による肌の劣化や夏場の炎天下による熱さ対策を行うことが出来ます。スモークフィルムを張ることで可視光線を軽減することにより、運転中の眩しさやプライバシー効果も得られます。ここでは、カーフィルムのことをお伝えさせていただきます。

赤外線とは

赤外線除去 カーフィルム

まず、赤外線と紫外線の区別を認識されていない方が多いですが、赤外線とは1800年頃にハーシエル(F.W.Herschel)が、可視スペクトルの端より熱効果について発見しました。これは可視光線と同種類の光波【電磁波】であり、これが赤外線の発見でした。現在では日常生活の多くの場面で使用されています。

家庭では、暖房機器や電気ストーブなども赤外線を活用されており、太陽光の波長である【赤外線】は肌のジリジリ感や熱さといったものになります。窓ガラスに入り込む、赤外線を効果的にカットすることで遮熱、断熱効果に繋がるのです。熱さ対策を行うなら赤外線カットフィルムの施工が求められます。

紫外線とは

断熱カーフィルム

太陽光には大きく分けて【赤外線】と【紫外線】と【可視光線】があることをご存じでしょうか。紫外線も波長によって3つに区分出来ます。UVAとUVBとUVCです。
地上に届くのはUVAとUVBの2種類となり、UVCは大気層「オゾン層」がが吸収し、地上には届きません。

UVAは物質を透過しやすいため、雲などの物質の影響を受けづらいため、太陽から地上に届く割合は9割を占めています。肌に強大なダメージは与えませんが、肌の奥まで浸透するため、肌のハリや弾力を失わせるのです。また、メラニン色素を酸化させるため、肌を黒く「日焼け」してしまう作用もあります。

UVBはUVAに比べ地表に届く割合は1割ですが、肌へのダメージが強いのです。短時間でも日焼けによる【炎症】や【色素沈着反応】を起こします。肌面の影響以外にも、表皮細胞やDNAを傷つけてしまい生体への悪影響が強いものとなります。

カーフィルムで赤外線カットと紫外線カット

カーフィルムで赤外線カットと紫外線カット

フィルムの性能にUVカッとIRカットの2種類があります。UVとは紫外線のことであり、IRは紫外線のことです。日焼け原因は紫外線が原因で熱さ「肌のジリジリ感」は赤外線が原因です。

紫外線と赤外線を効率よくカットすることで、快適な車内空間が得られます。

カーフィルムメーカーによって効果が異なるので、赤外線カット率や紫外線カット率を基準にカーフィルムメーカーを選ぶことが重要となります。また、メーカによっては着色されたフィルムを販売しているため、紫外線による劣化で色が抜けてしまうこともあります。当店で使用しているフィルムは無着色の高性能フィルムとなりますのでご安心下さい。

季節変動する紫外線と赤外線の量

季節変動する紫外線と赤外線の量

紫外線や赤外線は夏季に強くなりますが、冬季には弱まります。理由は紫外線などが大気層「オゾン層」を経過する距離との関係があります。6月~8月は太陽が最も近づく季節となるため、大気層を通過する距離が短くなります。そのため、夏季には紫外線の量が増えるのです。また、時間によっても紫外線の量は変わります。最も多い時間帯は10時~14時頃です。日中の紫外線に気を付けることが重要なのです。

ウィンドゥフィルムを張ることで、紫外線を効果的にカットすることができるため、肌のトラブルも軽減するのです。

スモークフィルムでなくてもUVとIRはカットできる

スモークフィルムじゃなくてもUVとIRはカットできる

昨今では紫外線や赤外線の量が多くなっており、各フィルムメーカーも紫外線や赤外線カットのフィルムの開発に力を入れています。フロントガラスはスモークフィルムを張ってしまうと違法となるため、車検に通りませんが、透明フィルムでも紫外線や赤外線をカットします。透明タイプのフィルムは合法となるので、車検時も安心です。

一般的にスモークフィルムを断熱効果や遮熱効果が得られると勘違いされている方がいますが、紫外線や赤外線をカットしないスモークフィルムもあるので注意が必要です。

カーフィルムはこちら