車のカーフィルムの効果と得られるメリットを徹底解説

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

車のカーフィルムの効果と得られるメリットを徹底解説

車のカーフィルムの効果を検討されているということはこれからカーフィルムを施工しようか迷われているのではないでしょうか?

車のカーフィルムを張ることで得られる効果は主に3つの効果があります。
この記事では主な3つの効果と、カーフィルムで得られるメリットについて詳しく解説していきます。

カーフィルムを施工する際の参考にしていただければ幸いです。

1章 カーフィルムの3つの効果

カーフィルムには主に3つの効果があります。まずはカーフィルムの効果について詳しく解説していきます。

カーフィルムの効果① 赤外線カット機能

車のカーフィルムには種類によっては赤外線カット効果が得られるフィルムが存在します。

この赤外線(IR)カットとはは暑さを軽減させる効果があります。太陽光に含まれる波長の780nm~2000mnまでの赤外線をカットすることで、車外から入り込む赤外線(暑さ)を軽減させるため肌のジリジリ間を軽減させることが可能となります。

この赤外線(IR)カットはフィルムメーカーによっても遮断できる赤外線カット率は異なるため、各種メーカーの赤外線カット率表記を参考にしましょう。
赤外線カット率が高ければ高いほど暑さ対策に有効です。

しかし、フィルムメーカーによってはごく一部の赤外線波長しかカットしていないものもありますので気をつけましょう。
赤外線カット率が高ければよいと言う訳ではありません。

カーフィルムの効果② 紫外線カット機能

紫外線カット(UV)機能とは日焼け防止効果です。フィルムを張ることで紫外線をカットするため、日焼けはもちろん車内のダッシュボードやレザーシートなどの経年劣化を軽減させることが可能となります。

最近ではどのフィルムメーカーも赤外線カット率99%を謳っている商品が普及されています。
また、LFTフィルムというメーカーはフィルム業界初の紫外線カット率100%というフィルムの開発に成功したメーカーもあります。

カーフィルムの効果③ 可視光線カット機能

可視光線とは光をどれだけ通すかという数値です。
可視光線透過率0%は光を全く通さないため、車外から車内が見えることはありません。

一般的なカーフィルムは可視光線透過率45%、30%、25%、20%、15%、5%の5種類の透過率が存在します。
数値が高くなれば高いほど外から車内が見えやすくなります。国産車のプライバシーガラス(色付きガラス)の透過率は約30%前後となっていますのでそれを基準にカーフィルムを選ぶとよいでしょう。

2章 カーフィルムのメリット

カーフィルムの効果

カーフィルムを施工することで得られるメリットは沢山あります。
この章では、カーフィルムのメリットについて詳しく解説していきます。

 

メリット1:赤外線カットによる断熱、遮熱対策

カーフィルムの機能

カーフィルムの最大のメリットは赤外線カットです。
この赤外線をカットすることで、車内に入り込む太陽光の肌のジリジリ間を軽減させることが可能となります。

そのため、夏場の炎天下でも肌のジリジリ間を軽減させ暑さを抑えることが可能となります。
また、カーフィルムの赤外線カット機能により、車外の温度が車内にはいりづらくなり、エアコン使用時の車内の温度も車外へ逃げづらくなるため冷暖房の効きがよくなり快適な車内空間を得ることが可能となります。

メリット2:紫外線カットによる日焼け防止

直射日光をフィルムでカット

紫外線は人体へ悪影響があり、乳幼児や女性の肌のトラブルの原因となります。

カーフィルムを張ることで紫外線を99%~100%カットするため、乳幼児、女性の肌を紫外線から守ります。

最近では、どのカーフィルムもこの紫外線カット機能がありますが、紫外線カット効果が出来るだけ高いフィルムを選ぶようにしましょう。

メリット3:ガラスの飛散防止

飛散防止カットフィルム

3つめのメリットはガラス飛散防止効果があるため、万が一の事故によるガラスの飛散によるケガのリスクを軽減させることが可能となります。

また、車上荒らしの際にガラスを破損させづらくするため、ガラスを破損させるまでに時間がかかるため車内の盗難のリスクも軽減させることが可能になります。
ガラスの破損によるケガによる目などの損傷も抑えられるのもメリットの1つです。

 

メリット4:車上荒らしから守る

車上荒らしから愛車を守るカーフィルム

先ほども射場荒らしによるリスクを軽減できることをお伝えしました。

カーフィルムには色付きスモークフィルムがあります。このスモークフィルムを張ることで車内の貴重品が見えづらくなるため車上荒らしによる盗難リスクを軽減することが可能となります。

 

まとめ

今回の記事ではカーフィルムの主な3つの効果と4つのメリットをお伝えさせて頂きました。

カーフィルムを張ることで暑さ対策や日焼け防止効果が得られるため車内環境を快適にすることが可能となります。
また、車上荒らしやガラスの飛散防止のメリットも得られるのでカーフィルムを施工していない車は必ずフィルムを張ったほうがよいでしょう。

デメリットは一切ありませんので予算があればカーフィルムを張るようにしましょう。

IICで最も効果の高いカーフィルム(LFTフィルム)がオススメです。