カーフィルムの選び方は可視光線と断熱性能で選ぶようにする

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

車のカーフィルムって色んな種類があって何を選べばよいのか迷いますよね?
カーフィルム選びで重要なことは①可視光線(スモークの濃さ)②赤外線カット率(熱さカット)③紫外線カット率(日焼け防止)となります。

この3項目において最も性能が高いフィルムを選ぶことが良いでしょう!
また、可視光線(フィルムの濃さ)選びも迷いますよね。
フィルムを張ったは良いけど思ったより明るいな!とか。思ったより暗くて運転に支障をきたすなど!

今回はフィルムを張ってから後悔しないためにもカーフィルムの選び方を徹底解説していきます。

カーフィルムを選ぶポイントは3つを理解する

カーフィルムとは

太陽光には3つの波長が存在します。

波長領域
400㎚以下紫外線(UV)
400㎚以上~800㎚以下可視光線
780㎚以上遠赤外線(IR)

上記の3つを詳しく解説していきます。
まず、1つ目は可視光線です。可視光線は人間が目視できる光をどれだけ通すかという事です。
カーフィルムを選ぶ時のポイントとして可視光線透過率が存在します。可視光線透過率100%は光を100%通している状態であり、可視光線透過率0%は光を全く通さない状態です。

多くの方がこの可視光線透過率で迷います。
何故ならば、濃すぎても中から見えなくなってしまうため運転に支障をきたしてしまいます。また、明るすぎると外から車内が丸見えになってしまうのです。

可視光線透過率とは

では、どのようにしてカーフィルムの濃さ(可視光線透過率)を選べばよいでしょうか?
迷ったら下記を参考にして下さい。

可視光線透過率5%(ダークスモーク)車内から見えづらく、車外からは至近距離でもほとんど見えない
可視光線透過率15%車内から比較的見やすく外からも見えずらい(1番人気)
可視光線透過率20%車内から見えやすく、車外からは人影は見えるが表情までは認識できない
可視光線透過率30%(国産車のプライバシーガラスの濃さ)車内から全く問題なく見えるが、車外から見ると表情が分かるくらい
可視光線透過率45%プライバシー効果はほとんど得られない

上記のように国産車のプライバシーガラスは透過率約30%となるため、それよりも暗くしたいのか、明るくしたいのかを基準に選ぶようにしましょう!

紫外線カット率とは

紫外線は400㎚以下の光線となり、主に人体に影響を与えたり(日焼け)や車内の樹脂パーツやレザーシートなどの色あせ等の劣化させてしまいます。

最近のカーフィルムは紫外線カット率99%が多く出回っておりますが、紫外線カット率100%の高性能フィルムも存在します。
安価なカーフィルムは紫外線カット率が低い商品も存在しますので注意して選ぶようにしましょう!

赤外線カット率とは

赤外線カット率とは人間が感じる熱さ(肌のジリジリ)が伝わる波長領域です。780㎚以上の光線は赤外線と言われるものです。
赤外線カット率が高ければ高いほど熱さ対策(断熱性)に優れます。

赤外線カット率92%以上のフィルムを選ぶようにしましょう!

どの波長の領域をカットするかがポイント

さらに3つに区分される赤外線

赤外線の波長領域は780㎚以上1200nm以下が赤外線と区分されていますが、赤外線は3つに分かれています。

・近赤外線
・赤外線
・遠赤外線
この3つが紫外線領域になるのですが、先ほどもお伝えしましたが、赤外線カット率92%と謳っていても一部の波長でしかカット出来ていないフィルムが多く存在します。

現在、カーフィルムで最も断熱性能が高いと言われているカーフィルムはLFTフィルムです。
この商品は総赤外線カット率は86%となり、他のフィルムメーカーに比べても最も効果の高いフィルムメーカーです。

LFTフィルム 総赤外線カット率 86%
A社フィルム 赤外線カット率(メーカー表記92%) 総赤外線カット率67%
B社フィルム 赤外線カット率(メーカー表記95%) 総赤外線カット率71%

上記のA社、B社のカーフィルムはフィルムメーカー大手の高性能カーフィルムです。
しかし、どの商品も総赤外線カット率はメーカー表記の赤外線をカットをカットしていないのです。

LFTカーフィルムの詳しい内容はこちらをご覧下さい。

紫外線カット率99%はいまや当たり前

紫外線カット99%のカーフィルムはどのほとんどのメーカーが当たり前のようになっています。
しかし、1%の紫外線を通すということは日焼けや内装パネルの劣化は完全に防止できません。
LFTカーフィルムは紫外線カット率100%の唯一のメーカーで日焼けによる劣化を極端に減らすことが可能となるのです。


赤外線カット率95%の表記に注意

まとめ

今回はカーフィルムの選び方についてご紹介してきました。
カーフィルムの選び方は①可視光線透過率(フィルムの濃さ)②赤外線カット率(総赤外線カット)③紫外線カット率(UVカット)の3項目の性能が高い商品を選ぶようにしましょう!