ヘッドライトやテールランプのスモークプロテクションフィルムとは

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

ヘッドライトやテールランプのスモークプロテクションフィルムとは

塗装保護用に開発されたプロテクションフィルムは塗装面に透明なビニールの素材を張り付けることで塗装面を飛来物から保護する専用フィルムです。
最近では、スマートフォンなどの液晶面にも保護フィルムを施工する場合も多く多くの方が保護フィルムの必要性について理解しているのではないでしょうか?

また、透明の保護フィルム以外にもスモークタイプの保護フィルム(プロテクションフィルム)が最近では人気が出てきています。
今回の記事では、ヘッドライトやテールランプのスモークフィルム(プロテクションフィルム)の効果やメリットなどについて徹底解説していきますので参考にしてください。

ヘッドライト・テールランプのスモーク保護フィルムとは

ヘッドライトライトスモーク

ヘッドライトやテールランプにスモークタイプのプロテクションフィルムを施工することでドレスアップができます。
ヘッドライトにスモークフィルムを施工することで高級感が増し純正品とは異なる魅力を演出することが可能となります。

また、プロテクションスモークフィルムは美観を変えるだけでなく、飛び石などの飛来物からヘッドライトやテールランプを保護すると同時に紫外線によるヘッドライトの黄ばみを軽減させることが可能となります。

パーツを保護しながらドレスアップが出来る一石二鳥のプロテクションスモークなのです。

ヘッドライト専用スモークフィルムの効果

ヘッドライトスモークプロテクション

ヘッドライト・テールランプ専用スモークフィルムの効果は大きく分けて下記の項目となります。

スモーク光沢仕上げによる高級感の向上

スモークプロテクションフィルム

スモークタイプのプロテクションフィルムを施工することにより高級感が向上します。
従来のヘッドライトは透明なので中が透けてしまいますが、スモークフィルムを張ることで中が見えづらくなり高級感が向上します。

高い耐擦と防傷性能

ヘッドライトには虫の死骸や擦り傷による透過率(透明度)が低下してしまいます。
しかし、プロテクションフィルムを施工することで擦り傷からヘッドライトを守るため長期間にわたり綺麗な状態を持続させます。

美観を保つのにとても有効な作業です。ヘッドライトに色を付けたくない!という方には透明タイプのプロテクションフィルムを施工することも可能となります。

飛来物によるクラックの防止

自動車は高速走行をすると前方の車両から飛び石が跳ねて、塗装やヘッドライトに当たってしまい塗装が欠けたり、ヘッドライトが損傷することがあります。
しかし、プロテクションフィルムを施工しておくことで衝撃を吸収することが出来るため破損のリスクを大幅に軽減させることが可能となります。

疎水性による高い防汚性能(高度な撥水特性)

疎水加工されたプロテクションフィルムは虫の死骸や汚れが付着した際に水洗いで簡単に汚れが落とせるようになります。
セルフクリーニング効果にも優れるためまとまった雨が降ることで汚れが比較的自動で流れ落ちてくれる効果も備えます。

ヘッドライトの黄ばみ防止

ヘッドライトにスモークタイプのプロテクションフィルムを張ることで黄ばみ防止効果が得られます。
ヘッドライトの素材はポリカーボネートで出来ているため、紫外線に弱く自然劣化で黄ばんだり、ハードコート(コーティング被膜)が剥がれてしまいクラックが入ってしまいます。

プロテクションフィルムを施工しておくことで黄ばみやハードコートの剥離によるクラックを軽減させることもできるのです。

上記のようにスモークフィルムを施工することで美観だけでなく様々な効果が得られるのがメリットです。

ヘッドライト・テールランプのスモークフィルム施工例

前章までで効果やメリットは分かったけどどんな感じに仕上がるか理解できない!
という方のために、ヘッドライト・テールランプのスモークフィルムの施工例をご紹介させていただきます。

メルセデスベンツAMG CLA45 ヘッドライトスモーク

ヘッドライトスモークフィルム

施工前のヘッドライトにスモークフィルムを張り付けることで下記の通り車体全体が引き締まって見えることで高級感が増しました。
ヘッドライトスモークフィルム

ヘッドライトスモークフィルム 施工方法
①スモークフィルムの張り付け

ヘッドライトスモークフィルム

ヘッドライトにスモークタイプのフィルムを張り付けていきます。専用のジェルを使用してヘッドライトスモークを水張りにて仕上げていきます。
水泡が残らないように丁寧に仕上げていきます。

②完成

 ベンツ ヘッドライトスモーク

ヘッドライトスモークを張り、数時間乾燥させれば完成です。施工後は全く違和感なく仕上げることが可能となります。
フィルムの種類によっては、半年ほどでフィルムが劣化し色あせや白濁が起こる場合がありますので性能が高い製品を選ぶようにしましょう!

では、次にテールランプスモークフィルムの施工を紹介します。

メルセデスベンツCLA テールランプスモーク施工

ベンツ テールスモーク

施工前のテールランプは真っ赤ですが、スモークフィルムを張ることで赤黒い色味に仕上げることが可能となります。
下記の画像はダークスモークを使用しており、透過率は35%のスモークフィルムとなります。
ベンツ テールスモーク

施工手順① フィルムの張り付け

テールランプスモークフィルム

スモークフィルムを上記のように伸ばして張り付けていきます。
型が決まったら、カッティングして作業完成です。

テールランプスモークフィルム
もう少し明るくしたいという方にはライトスモークのフィルムを張り付けることで柔らかい印象に仕上げることが出来ます。

ヘッドライト・テールランプのスモークフィルムには2種類あります。
①ライトスモーク(透過率45%)
②ダークスモーク(透過率35%)

お好みの濃さでお求めいただけます。

ヘッドライト・テールランプスモークフィルム料金

ヘッドライト・テールランプのペイント保護フィルム施工料金

単品施工料金
2灯タイプ¥66,000
4灯タイプ¥88,000
セット価格料金
2灯タイプ¥55,000
4灯タイプ¥77,000
※セット価格はコーティング・カーフィルムと同時施工に限ります。
※プロテクションフィルム(フロントセットやフル施工)と同時施工の場合は単品価格の50%引きとなります。
※全て税込価格です。
上記価格はカービューティーアイアイシーで施工した場合の価格となります。

まとめ

スモークタイプのプロテクションフィルムはテールランプやヘッドライトに施工することが可能となります。
テールやヘッドライトにスモークを張ることでドレスアップと同時にヘッドライトやテールランプの傷や飛び石などの飛来物から強固に守ります。

見た目をかっこよくすると同時に保護もできるので一石二鳥の製品です。

しかし、スモークフィルムの素材(材料)によってはすぐに白濁したり色あせてしまうものもありますので信頼できるショップに依頼するようにしましょう。