プロテクションフィルムの種類と推奨メーカー2社をプロが解説

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

プロテクションフィルムの種類と推奨メーカー2社をプロが解説

プロテクションフィルムはメーカーの種類によって耐久性や効果が異なるって知ってますか?
下手なメーカーのフィルムを使用してしますと施工後すぐに劣化して黄変したり、白濁してしまいます。

また、フィルムを剥がす際に接着面の糊が劣化して塗装面にこびりついてしまい綺麗に剥がすことが出来ないこともあります。

今回の記事では、プロがおすすめする高性能プロテクションフィルム2社の商品と色付きプロテクションフィルムについて詳しく解説させて頂きます。
この記事を読んでプロテクションフィルム選びの参考にしていただければ幸いです。

プロテクションフィルムとは

ポルシェ プロテクションフィルム

プロテクションフィルムとは、携帯の液晶保護シートのように分厚いフィルムを塗装面に張り付ける製品です。
このプロテクションフィルムを施工することで、塗装を傷める外的要因(紫外線、飛び石、黄砂、花粉、酸性雨)などから強固に保護します。
一度、プロテクションフィルムを施工すれば3年~5年は塗装面をあらゆるダメージから防御することが出来るのです。
また、最近の高性能フィルムでは7年間塗装を美しい状態に保つフィルムも製品化されています。
従来のカーコーティングやガラスコーティングの代替製品として人気が急増しています。

プロテクションフィルムの種類について

プロテクションフィルムの種類

プロテクションフィルムは様々なメーカーが開発しています。それ故、フィルムの種類によって効果効能や対候性に違いが生じます。
最悪なメーカーはフィルムを施工して半年も経たないうちに黄変(おうへん)や白濁してしまう可能性がありますので注意しましょう。

ここでは、絶対に失敗しないフィルムメーカーをご紹介しておきます。

おすすめプロテクションフィルム 第1位

XPEL(エクスペル)フィルムのプロテクションフィルムは対候性に優れ、現在販売されているフィルムメーカーの中で最も優れたフィルムメーカーです。紫外線に強く、3年~5年経過しても黄変が極めて目立たないフィルムとなります。※全く劣化しない訳ではありません。

また、エクスペルフィルムのプロテクションフィルムは豊富な種類が存在します。

XPEL ULTIMATE PLUS

エクスペル アルティメットプラスは透明タイプのプロテクションフィルムです。

XPEL STEALTH

エクスペル ステルスは艶消しタイプのプロテクションフィルムとなります。主に、マット塗装専用フィルムとなりますが、艶あり塗装にステルスを施工することで艶消し塗装のように仕上げることも可能となります。

XPELフィルムメーカーサイトはこちら

おすすめプロテクションフィルム 第2位

第2のフィルムメーカーは3Mペイントプロテクションフィルムです。3Mプロテクションフィルムも通販やカー用品店で販売されているフィルムに比べると対抗性が高く、一度張り付けることで劣化を極限まで抑えられるフィルムとなります。

3Mペイントプロテクションフィルムメーカーサイトはこちら

上記、2種類のプロテクションフィルムであれば、最も高い効果と耐久性を実現させることが可能となります。

プロテクションフィルムの種類は素材も異なる

プロテクションフィルムは何もメーカーの種類だけでなく、色付きのプロテクションも存在します。
この章では詳しく解説していきます。

グロスブラックプロテクションフィルム

ルーフ グロスブラック

このフィルムは艶あり黒仕様のプロテクションフィルムとなります。白いボディにこのフィルムを張ることでカラーチェンジすることが可能となります。
ただ単に塗装を保護するだけでなくイメージチェンジすることが出来る製品です。

カーボンプロテクションフィルム

ベンツ グロスカーボンフィルム

カーボン柄のプロテクションフィルムも存在します。
リアルカーボンのように美しい風合いのプロテクションフィルムを張ることで本物のカーボンのように仕上げることも可能となります。

カーボンフィルムの詳しい内容はこちら

ヘッドライトスモークプロテクション

ヘッドライトスモークフィルム

ヘッドライトやテールランプ専用のスモークプロテクションフィルムも存在します。
種類はダークスモークとライトスモークの2種類で5年~7年ほどの耐久性も実現した製品です。

ヘッドライト、テールランプ専用スモークフィルムの詳しい内容はこちら

まとめ

プロテクションフィルムはメーカーによって耐久性が異なります。安易に安いプロテクションフィルムを施工してしまうとすぐに黄ばんでしまったり、白濁してしまうので信頼できるメーカーを選ぶようにしましょう。

ことではプロがおすすめするプロテクションフィルムメーカー2社はXPELフィルムと3Mペイントプロテクションフィルムの2社です。
この製品を選べば間違いありません!

また、プロテクションフィルムには色付きフィルムやテールランプ、ヘッドライト専用フィルムも存在しますので求める内容によってフィルムを選ぶようにしましょう!

プロテクションフィルムを張って豊かなカーライフが実現できれば幸いです。

プロテクションフィルムとは効果や費用、種類をプロが徹底解説

 

車のコーティング
千葉県市川市のカービューティーアイアイシー
車のコーティングは千葉県市川市の
カービューティーアイアイシーへ