車コーティング施工後の正しいメンテナンスを行うだけで寿命が伸びる

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

車コーティング施工後の正しいメンテナンスを行うだけで寿命が伸びる

車のコーティング施工後の正しいメンテナンスを理解されている方って少ないのではないでしょうか?

何故なら施工したコーティングした車のメンテナンス方法を教えてくれるところやショップが少ないのが現実です。
コーティング専門店のIICでは下記のように車のガラスコーティングをした方でこんな疑問をいただきます。

ディーラーコーティングをしたけど他のメンテナンス剤を使っても大丈夫?

撥水シャンプーやワックスをかけても平気?

コーティング後は洗車しなくてもよいの?

なんて疑問をいただきます。

今回の記事では、そのような疑問を解消できるようにコーティング施工後の最適なお手入れについて解説していきます

1章 コーティング施工後のお手入れには2つある

車のコーティング施工後に必要なお手入れは【洗車】と【メンテナンス】の2つです。
この作業を行うことでコーティング被膜を常にきれいな状態に保たせることができるため、コーティング被膜の寿命を延ばすことが可能となります。

この2つのお手入れをおろそかにしていると、紫外線や酸性雨、汚れの影響でコーティング被膜にダメージが加わり耐久性や持続性が低下してしまいコーティングの寿命が短くなってしまいます。

次の章では具体的に洗車の頻度や洗車方法について詳しくお伝えしていきます。

2章 車のコーティング施工後の正しい洗車方法とは

車のコーティングを長く持続させるには洗車が最も重要となります。
そして、コーティングを長く持続させるには正しい洗車方法でお手入れすることと洗車の頻度が重要となります。
この章では洗車方法と洗車の頻度について詳しく見てみましょう!

コーティング後の最適な洗車頻度とは

車の最適な洗車頻度は下記のように駐車環境やボディカラーによって異なります。

車の色が濃色車と言われる黒などは塗装面の温度が高温になるためシミ汚れが付着しやすくなります。
また、青空駐車の場合には雨(酸性雨)でコーティング被膜にダメージが加わるため洗車の頻度が早くなります。

車のコーティングは見栄えや防汚性効果(汚れづらさ)が得られますが、コーティング被膜に汚れが長期間固着した状態で放置するとコーティング被膜にダメージが加わります。

車のコーティング施工後は下記の図のようにマメに洗車を行いコーティング被膜に汚れを固着させないことを心がけましょう。

コーティング車の最適な洗車頻度の画像

以上がコーティング施工後の洗車頻度についてお伝えしました。
次は、コーティング施工車の正しい洗車方法についてお伝えしていきます。

車のコーティング後の洗車方法

車のコーティング後の洗車方法を間違えると塗装面にシミが付着したり、細かい傷が付着してしまうため、正しい洗車方法でお手入れをしてあげるようにしましょう。

❶ホイールやタイヤの洗浄

コーティング後の洗車

まず、車を洗う際にはホイールやタイヤから洗うようにしましょう。
何故ならば、ホイールやタイヤはボディよりも汚れているため洗浄するのに時間がかかります。
ボディに水分をかけてしますとホイールを洗っているうちに水分が乾いてしまいシミ(イオンデポジット)が付着する可能性があります。
洗車の際には必ずタイヤやホイールから洗うようにしましょう!

【ホイールの洗浄におすすめ商品】

ホイール洗浄クリーナー

ホイールの洗浄におすすめのクリーナーはSCHILDのホイールクリーナーです。
アルカリ性の溶剤となるため、足回りに付着する油汚れの洗浄に優れた製品です。当コーティングプロショップのIICでも実際に使用しているクリーナーです。

ホイールクリーナーはこちらのサイトからご購入いただけます。

タイヤ・ホイールから洗う理由
水道水にはカルキや塩素などの不純物が含まれます。この不純物が乾いてしまうと塗装面に白い不純物が残留するためイオンデポジットといわれるシミ汚れを付着させてしまいます。
このシミ汚れが付着してしまうと簡単には取り除けないため、水分が乾かないようにタイヤ・ホイールから洗うようにしましょう!
            

❷ボディのすすぎ作業

コーティング後の洗車

タイヤやホイールを洗浄したら高圧ガンを使用して塗装面に付着した砂利やほこりなどの汚れを水圧で落としていきます。
高圧ガンを持っていない方は普通のホースでも問題ありませんが、高圧ガンの方が細部に入りこんだ砂利などを水圧で落とせます。

水圧でしっかりと塗装面に付着した砂利を落とすことで砂利で塗装面に細かいスクラッチ傷(小傷)が付着しづらくなるため高圧ガンの使用をおすすめします。特に下回りを念入りに水圧で砂利などの異物を落としていきましょう。

すすぎ作業のポイント
・高圧ガンを使用することで砂利などの異物が除去できるため細かい傷がつきにくくなる
・高圧ガンを使用することでパネル間の溝に入り込んだ泥汚れなどが除去できる
・すすぎの際には塗装面の温度をできるだけ下げるようにたっぷりと水をかける

❸ボディ全体を洗う

コーティング後の洗車方法

ボディを洗う際には必ずカーシャンプーを使用して洗いましょう。
カーシャンプーを使用することでボディとスポンジの滑りがよくなるため摩擦によるダメージを防ぐことが可能となります。
シャンプーを使用せずに洗ってしまうと塗装面に摩擦が加わり細かきスクラッチ傷(小傷)の原因となります。

また、カーシャンプーのタイプは何でも大丈夫ですが、可能であれば弱アルカリ性のカーシャンプーを使用することをおすすめします。
弱アルカリ性タイプのカーシャンプーは花粉や黄砂、排気ガスなどの油汚れが落ちやすくなるためおすすめです。
ボディを洗車する際にはできるだけよく泡立てて優しく洗うようにしましょう。

洗車用品

ボディを洗う際のポイント
・スクラッチ傷を防止するためカーシャンプーをよく泡立てて洗う
・シャンプーは弱アルカリタイプは油汚れの落ちが良い
・シャンプーの弱酸性タイプはシミ汚れが落ちやすい
・ボディを洗う際は上から洗うようにする(ボンネットやルーフなど)

※下側は砂利などが多く付着しているためスクラッチ傷が付着しやすいため

❹シャンプーのすすぎ作業
塗装面に付着したカーシャンプーが残らないように念入りに水道水で流していきます。

❺水分の拭き上げ作業
シャンプーを洗い流したら速やかに水道水を拭き上げていきます。ここで注意したいことは水道水にはカルシウムやカルキ、塩素などの成分が含まれるため塗装面に白い斑点模様のシミ汚れが付着してしまいます。
コーティング施工後は井戸水洗車を避ける

上記の画像の様なシミは井戸水や水道水によるミネラル分のシミとなるため、水分が乾かないように速やかに拭き上げていきましょう。

また、水分を拭き上げる際にはマイクロファイバークロスなどを使用すると塗装面に傷が付きづらく、水分の拭き上げもよくなるのでできるだけ柔らかいマイクロファイバークロスを使用しましょう。

水分の吹き上げ作業のポイント
・塗装面に細かい傷がつかないよhttp://www.pro-iic.com/うにやさしく拭き上げる
・できるだけ柔らかいマイクロファイバークロスを使用する
・水分が乾かないように注意しながら拭き上げる

ここまでがコーティングをした後の車の洗車方法でした。
次の章ではコーティング施工後に絶対にやってはいけないことをお伝えしていきます。

プロに聞く正しい洗車方法の徹底解説記事はこちらをご覧ください。

3章 コーティング施工後に絶対にやってはいけないこと

車のコーティングは非常にデリケートです。手入れの仕方を間違えるとコーティングの寿命が低下したり傷んでしまいますので下記の項目に注意をしましょう。

❶井戸水で洗車は絶対にしない

井戸水洗車

井戸水にはカルシウムやミネラルが非常に豊富で、水分が乾かないように洗っていても必ず、白い斑点模様のシミ(イオンデポジット)が付着します。
井戸水のシミが非常に頑固なため洗車では落とせないほど厄介なシミになるので井戸水での洗車は避けるようにしましょう。

井戸水洗車が車を傷める理由を徹底解説した記事はこちらをご覧ください。

❷洗車機で車は洗わない

洗車機で洗う

洗車機で車を洗うこともNGです。
洗車機は高速ブラシにて塗装面を擦るため細かいスクラッチ傷が無数に付着してしまいます。
この傷は研磨剤で磨かなければ綺麗に復元することが出来ないためコーティングを剥がす必要があります。
どんなに硬いコーティングでも洗車機でのお手入れは避けるようにしましょう。

コーティングした車に洗車機はNGな理由とは

❸毛ばたきや雑巾などで塗装面を拭かない

毛ばたきや雑巾で塗装面を拭くこともNGです。
塗装面に付着している砂利が原因で塗装面に細かい傷をつけてしまいます。また、吸水力抜群のセーム革も摩擦によるダメージが付きやすいため避けるようにしましょう。

❹ワックスや撥水剤の使用はNG

車のコーティングをした後にワックスを使用しても大丈夫?という質問をよく頂きますがワックスは油(植物から採取される植物油)のため油性系汚れが付着しやすくなります。また、紫外線にも弱いためコーティング被膜が傷みやすくなるのでワックスが絶対に行わないようにしましょう。

コーティング施工した車にワックスを使用したらいけない理由

❺コンパウンドなどの研磨剤は使用しない

コンパウンドを使用してしまうとコーティング被膜が削られて剥がれてしまいます。傷や汚れが付着してもコンパウンドで塗装面を擦るのはやめましょう。

どうしてもコンパウンドを使用する場合はコーティングがはがれてしまうためその部分だけ再コーティングするようにしましょう。

4章 コーティングした車のメンテナンス

コーティング施工後のメンテナンスが必要な理由

コーティングメンテナンス

コーティング施工後は、コーティング被膜の上に汚れが付着したり固着したりします。
また、紫外線や酸性雨による劣化も起こります。

コーティングメンテナンスとはそれらのダメージをリカバリーしてあげる作業がコーティングメンテナンスなのです。

コーティングメンテナンスは上記の駐車環境とボディカラーを参考に行うようにしましょう。

また。コーティングメンテナンスには2種類の方法があります。
❶自分で行うコーティングメンテナンス
❷専門店に依頼するコーティングメンテナンス

この章では2種類のコーティングメンテナンスについて解説していきます。

自分でできるコーティングメンテナンス

溶剤は上記のメンテナンスクリーナーを使用していきます。
このメンテナンスクリーナーはコーティング車専用のメンテナンス剤で、ディーラーコーティングや他社製品のコーティングメンテナンス剤としてもご使用可能な商品です。

車のコーティングメンテナンスは費用がどうしてもかかってしまいます。
費用を抑えたい方は自分でメンテナンスをすることで抑えられますので具体的な施工方法についてご紹介していきます。

①洗車作業

コーティング車の洗車画像

塗装面に付着した泥や埃を洗車で取り除いていきます。

②メンテナンス剤の塗布

メンテナンスクリーナー

先ほどご紹介したメンテナンスクリーナーをスポンジに付着させていきます。
その後、塗装面が濡れた状態でスポンジで擦るだけで付着している汚れが簡単に取り除けます。

自分で出来るメンテナンス剤

しっかりと塗装面に塗り込んでいきます。
メンテナンスクリーナーを使用することで、表面の汚れが取れ、水弾きが復活します。

③余剰成分のすすぎ作業

メンテナンスクリーナー拭き取り作業
メンテナンスクリーナーを塗布した後には余剰成分をホースで洗い流しながらマイクロファイバークロスで落としていきます。
ホースで水が使用できない環境であれば、マイクロファイバーにたっぷり水を含ませて洗い流していき作業完成です。

自分で出来るコーティングメンテナンスのやり方は下記の動画をご覧下さい。

自分で出来るコーティングメンテナンス剤はネットでも大好評販売中です。

コーティングメンテナンス剤の購入はこちら

専門店に依頼するコーティングメンテナンス

まとめ