スバルWRXのコーティング!WRXに人気のカーコーティングとは

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

スバルWRX コーティング

千葉県,東京都のガラスコーティング専門店のIIC

念願のスバルWRXを購入して純正コーティングを進められたけど何のコーティングにすればよいか迷っている。
今回はコーティングを施工するにあたり、スバルWRXに最適なカーコーティングをご紹介させていただきます。

スバルの塗装は非常に柔らかいため、細かい傷が付着しやすくなります。

新車のWRXをより長く新車の状態を維持できるように参考にしていただければと思います。

スバルWRXの純正コーティングとは

WRX カーコーティング

スバル純正のウルトラコーティングは新車を購入した際にディーラーオプションで施工が出来るようになっております。コーティング施工後はメンテナンスのコースも用意されているため、新車のような状態をキープしやすくなります。

まずはディーラーコーティングの価格を見ていきましょう!

スバル純正コーティングの価格

商品名

価格

特徴

ウルトラコーティング
NEX

55,000円(税抜)

ガラス系(滑水タイプ)

ウルトラコーティング
セブン

6,050円(税抜)

ガラス系(滑水タイプ)

NEXプラス

2,970円(税抜)

ガラス系(滑水タイプ)

コーティングメンテナンス

13,200円(税抜)

 

※上記価格は2020329日現在の価格です。

上記はスバル純正コーティングの価格となります。費用的には少々安価なコーティングと言えるでしょう。
専門店でコーティングを行うと上記の価格より高額になるため、価格重視で考えるなら純正コーティングもおすすめです。

純正コーティングのメリデメ

スバルWRX純正コーティングのメリット
スバル純正コーティングの最大のメリットは新車購入時にコーティングが施工してあるということです。わざわざ専門店などのコーティング店に車を運ばなくてよいので手間がかかりません。
また、費用面で考えても安価なためメリットと言えるでしょう。

スバルWRX純正コーティングのデメリット
純正コーティングのデメリットでお伝えできることは、コーティングの種類が少ないということです。コーティングは車のボディカラーや駐車環境、そして洗車の頻度によって最適なコーティングが異なります。次は専門店コーティングの特徴を見ていきましょう!

WRXの専門店コーティングの特徴

スバルWRX コーティングの焼き付け乾燥

まずは、専門店コーティングの特徴についてお伝えしていきます。

  • WRXに適したコーティングを選べるだけの商品数が多い
  • ほとんどのコーティング専門店が熱乾燥でコーティング被膜を乾かすため持続性が高い
  • 施工技術者の専門知識と技術力が高い
  • 専門性が高いコーティング剤を取り揃えている

専門店コーティングは上記のような特徴があります。では、具体的に見ていきましょう!

WRXに適したコーティングを選べる

車のコーティングには撥水タイプ、親水タイプ、疎水タイプの大きく分けて3種類の水弾きが存在します。
コーティングの種類によって水弾きが異なり、水弾きで得られる効果も異なります。
コーティングの種類による水弾き

上記の画像は塗装面に水滴が付着した際の水弾きです。上記の水弾きはコーティングを選ぶ際に非常に重要なポイントとなります。

撥水コーティング
水が弾くコーティングは洗車で汚れが洗い流されやすくなりますが、水滴が直射日光に浴びることでイオンデポジットなどのシミが付着しやすくなります。

親水コーティング
親水コーティングは塗装面に水滴が馴染むため、撥水のようにイオンデポジットが付着しづらくなります。まとまった雨が降ることで汚れも流れ落ちやすいため洗車の頻度を減らすことが可能となります。しかし、洗車時の汚れ落ちは撥水性能に比べ衰えてしまいます。

疎水コーティング
疎水コーティングは両者のよいところと悪いところを兼ね備えたコーティングとなります。最適なコーティングはお近くの専門店に問い合わせしてみましょう!

コーティングの水弾きは主に3種類詳しく見るならこちらの記事をご覧ください。

 

コーティング施工後の熱乾燥を行う

コーティングを行う際に最も大切なことはコーティングを熱乾燥で乾かす作業となります。これは、コーティング被膜は通常、乾燥するまでに約1カ月の期間を要します。その間に塗装面に水分が触れてしまったり、完全乾燥を行うまでの期間の温度も重要となります。
現在のガラスコーティングではコーティングが乾燥するまでに必要な温度は15℃以上が1カ月続くことが理想となります。その間に温度が低いとコーティングの乾燥が行われず持続性や効果効能が低くなることもあります。

スバルWRX人気コーティングトップ3

スバルWRXの塗装は高級感ある光沢を放ちます。しかし、塗装表面は非常に柔らかいためデリケートとなります。スバルWRXに最適なコーティングは硬くて被膜が分厚い商品がおすすめとなります。

今回はカービューティーアイアイシーで人気なコーティングトップ3位でご紹介させていただきます。

1位 ファインラボコーティング
ファインラボコーティング

ファインラボコーティングがWRXに人気の理由は自己修復するコーティング機能が得られます。自己修復とはコーティング被膜の上部に付着した微細な小傷が熱で消える特殊機能を搭載しています。そのため、スバルのように柔らかい塗装はスクラッチ傷(細かい微細な傷)が付着しても熱により傷が復元していくのです。

また、被膜の厚みが10~12μ(ミクロン)と従来のコーティング(0.3μ)に対して圧倒的な膜厚を形成するため光沢の向上にも優れた製品です。
ファインラボコーティングの詳しい内容はこちら

2位 セラミックシールド
セラミックコーティング

セラミックシールドが人気の理由は親水タイプの被膜を形成するコーティングのため、青空駐車や濃色車のWRXオーナー様に指示を頂いております。
親水タイプはイオンデポジットやウォータースポットが付着しづらくなります。また、雨が降ると汚れが比較的流れ落ちてくれるため洗車の頻度を減らすことが可能となります。

セラミックシールドの詳しい内容はこちら

3位 クォーツガラスコーティング
クォーツガラスコーティング

クォーツガラスコーティングは2000年に販売されてから20年間指示され続けているロングセラー商品です。この商品はコーティングを吹き付ける際にスプレーガンにて塗布を行うため、隅々までコーティングを施工することが可能となります。グリル周りやエンブレム周りのコーティングを施せるため非常に人気のコーティングとなります。価格も上記2商品よりも安価な商品です。

クォーツガラスコーティングの詳しい内容はこちら

 

商品名

持続性

価格

特徴

ファインラボコーティング

7

257,400

セラミックコーティング

セラミックシールド

5

138,600

セラミックコーティング

クォーツガラスコーティング

5

99,000

ガラスコーティング

純正コーティング

メーカー表記5

55,000

ガラス系コーティング

上記、ガラス系、ガラス、セラミックの違いはこちらのページをご覧下さい。

以上がWRXに人気のガラスコーティングでした。次はボディコーティング以外にパーツごとのコーティング商品をご紹介させていただきます。

スバルWRXのおすすめパーツコーティング

1位 レザーシートコーティング
レザーシートコーティング

レザーシートコーティングはWRXのSTIなどの本革レザーシートの車両に人気のオプションコーティングとなります。
本革レザーは摩擦や色あせなどの劣化が激しいため、コーティングをしておくことで劣化を防ぎ長期間新車のレザーのようにきれいに維持されます。

レザーシートコーティングの効果とおすすめ商品

2位 ホイールコーティング
WRX ホイールコーティング

続いてはホイールコーティングです。スバルWRXのブレーキは効き目が良いためブレーキパッドとディスクの擦れにより鉄粉が出ます。この鉄粉がホイールに固着してしまうと洗車では取れなくなってしまうのでコーティングをしておくことで鉄粉の固着を防ぎ、洗車時の汚れ落ちが楽になります。

その他、窓ガラスコーティングやヘッドライトコーティングなどの商品も人気のオプションコーティングです。

スバルWRXのコーティングの施工事例

WRX STI コーティング施工事例

WRX セラミックコーティング

スバルWRX STIコーティングの施工事例をご紹介していきます。今回WRX STIに施工したコーティングはファインラボヒールライトという傷が自己修復するセラミックコーティングを施工しました。このコーティングは被膜が10~12μと非常に厚いコーティング被膜を形成するため塗装面の輝きが他のコーティングと比較すると圧倒的に仕上がります。
また、濃色車のボディに施工することでスクラッチ傷が、目立ちにくく付着した場合も熱で自己修復で傷が消えるのが人気の理由です。
WRX ガラスコーティング

コーティング施工後は熱乾燥にてコーティング被膜を完全硬化させていきます。この熱乾燥を行うことでコーティング被膜の硬度や光沢を向上させることが可能となります。スバルWRXのコーティングは専門店に依頼するようにしましょう!

WRX STI CeramicPro9H施工事例

WRX セラミックプロ9H

CeramicPro9Hコーティングを白いWRXに施工させていただきました。CeramicPro9Hコーティングは防汚性効果が非常に優れているため、白い車のように汚れが目立つ車両にはCeramicPro9Hがおすすめとなります。光沢もファインラボ同様に厚い被膜を形成するのでおすすめです。
WRX コーティング

まとめ

WRXのコーティングで専門店と純正コーティングの違いを見てきました。
安価にコーティングをするなら純正コーティングがオススメです。しかし、持続性や効果効能を重視するなら専門店コーティングを依頼するようにしましょう。

専門店コーティングならWRXの駐車環境や洗車の頻度に合わせて適切なコーティングをおすすめしてくれます。
最近では、セラミックコーティングが普及しており、傷が消える自己修復コーティング(ファインラボコーティング)や被膜硬度が硬いセラミックプロ9Hなど従来のガラスコーティングに比べ効果が非常に高い製品が普及しております。

スバルWRXにコーティングを施工してより綺麗な状態をキープできれば幸いです。