ベンツ・EQGのコーティングはIICへ!料金や特徴を解説!

著者情報

著者

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

メルセデスベンツEQGのアイキャッチ画像

メルセデスベンツが販売する車種の中でも、特に人気の高いGクラスですが、初のEV車となる「EQG」が登場しました。

電動モデルとなっても、Gクラスの性能やデザインの伝統は守られており、発売が近づくにつれて注目を集めています。EQGをキレイな状態で維持するために、コーティング施工を検討している方もいるのではないでしょうか?

メルセデスベンツ・EQGのコーティングは、ぜひコーティング専門店IICへお任せください。
今回は、EQGのコーティング施行について、当店の強みやおすすめのコーティングを踏まえながら分かりやすく解説していきます。

要望に沿ったメニューを豊富に取り揃えていますので、ぜひ施行のご検討をしてみてください。

ベンツEQGの正面画像

目次

メルセデスベンツ・EQGへのガラスコーティングは専門店IICへ  

ベンツEQGの画像4枚

愛車をキレイな状態で維持する方法を調べると、ほぼ間違いなく見つかる情報が「コーティング施行」です。
決して安くはないため「本当に効果はあるのか、不要なのでは?」と考える人も少なくありませんが、結論から述べますと、愛車をキレイな状態で維持するために、コーティングは必須と言えます。

コーティング被膜が表面に形成されることにより、細かい線傷の予防ができるだけでなく、美しい光沢と深みのある艶が生まれます。
汚れの固着を防ぐことで、日頃のお手入れも簡単になるため、愛車をキレイな状態に保つ上でコーティングはなくてはならない存在と言えるでしょう。                   

メルセデスベンツ・EQGへのコーティングで
当店IICが選ばれる理由とメリット 

カービューティーアイアイシー
会社名:㈱カービューティーアイアイシー 住所:千葉県市川市田尻1-3-9 電話番号:047-378-9019

創業24年間での累計施工実績は20,000台以上。2023年現在では5種類ほどの先進的なコーティング剤をメイン商品として取り扱っており、ボディコーティング以外にもエンジンルーム、インテリア、オープンカーの幌などなどコーティングを施工することが出来、バイクコーティングも多く承っております。

愛車をキレイな状態で保つ上で、コーティングが欠かせないと解説しましたが、    コーティングすれば何でもいいというわけではありません。
近年は、ディーラーやガソリンスタンドなどでも簡単に施行できるようになりましたが、適切な施行を行わなければ、本当のコーティング効果は得られません。

ここでは、IICのガラスコーティングが、他の専門店やカーショップと比べて何が違うのか、依頼メリットについて解説していきます。                 

美しい輝き(光沢)と深い艶が得られる

美しい輝き

IICが取り扱うコーティング剤は、被膜が非常に厚く、施行することにより美しい輝きと深い艶が生まれます。
被膜が厚い分、施行は非常に難しく、徹底した下地処理と適切な乾燥処理が必須と言えます。
IICでは、日本トップレベルのコーティング設備を完備しており、コーティングごとに完璧な施行を可能としました。       

被膜の完全硬化を実現

被膜の完全硬化を実現

IICでは、他の専門店では難しい「被膜の完全硬化」を実現しています。
コーティング被膜は、施行してから~半日程かけて初期硬化が完成しますが、完全に硬化するには約1ヶ月かかると言われています。

採算面のこともあり、完全硬化させてから納品している専門店やディーラーはないと言っても過言ではありません。
しかし、IICでは硬化専用の「遠赤外線ブース」を完備しており、短時間で完全硬化させることを可能としました。

より強固な被膜が形成されることにより、耐久性が非常に高くなります。

純水の使用によりコーティング被膜の寿命が圧倒的に長い 

コーティング選びは純水

IICではコーティング施行前に行う下地処理において「純水」を使用しています。

純水は、水道水に含まれている塩素やカルキ、ミネラル分を除去しているため、コーティングを施行する塗装面に不純物が付着しません。
これにより、通常よりもコーティング被膜の密着性が向上するため、硬化が長持ちしやすく、美しい状態を維持しやすくなります。

メンテナンス種類が豊富でアフターフォローも手厚い

メンテナンス種類が豊富でアフターフォローも手厚い

IICは長くキレイな状態を維持できるように、アフターフォローに特に力を入れています。

定期的にコーティング被膜の状況を確認し、適切に対処することにより、施工直後のような効果を維持できます。
お客様の駐車環境や愛車の使用頻度、お手入れ具合をヒアリングした上で、被膜を傷つけないまま最善のメンテナンスを行うことが可能です。

あらゆるメーカーのボディにコーティングを施行してきたプロが、最後まで担当しますので安心です。             

施工1ヶ月後に無料点検を実施!万が一のトラブルを防止    

施工1ヶ月後に無料点検を実施!万が一のトラブルを防止   

IICでは「施工したら終わり」といった考えは一切なく、施行した日からお客様の愛車との付き合いがはじまると考えております。
施行して1ヶ月後には無料の点検洗車を行い、施行に万が一の不備がないか、徹底的にチェックし、万が一コーティングに異常があった場合や、お客様がご不満に感じていることがあれば、責任をもって対応しますので、安心です。

あらゆる箇所のコーティングやフィルム施工も一緒に依頼可能

カーフィルム施工ホイールコーティング塗り込み

ボディコーティングとは別で人気なのが「ホイールコーティング」や「カーフィルム」です。

高品質なカーフィルム施工には、ホコリなどの飛散が少ないクリーンブースが必要です。
当店では、これらの専用ブースも全て完備しており、まとめての依頼ができます。

各専門店に別々で依頼する必要がなく、ホイールコートとボディコーティングを一緒にご依頼頂いた場合には「10%OFF」となります。
メンテナンスも1つのお店に任せっきりで済むため、お手入れも非常に楽にできます。

動画:【工場見学・設備紹介】

【工場見学・設備紹介】傷ついた高級車はここで生まれ変わる|ガラスコーティング・カーコーティングなら東京 神奈川 CAR BEAUTY IIC

ディーラーや簡易施工店とIICの違いについて

近年はコーティングが広く普及したことにより、専門店以外でも施工が受けられるようになりました。
メルセデスベンツ・ディーラーやヤナセなどでも、コーティングを実施していますが、専門店の施工とは複数の違いがあります。

・徹底した下地処理の有無
・コーティングを最適に行うためのブースや機材の有無
・作業範囲の幅広さ

主な違いはこの3つとなります。

コーティング施工の仕上がりは「下地処理にどれだけ時間をかけるかで決まる」と言っても過言ではないほど、下地処理が重要となり、ただ良いコーティングを塗っただけでは、意味がありません。

IICでは最適な施工の実現のため、遠赤外線ブースや下地処理専用ブースなどを全て完備しています。
また、ボディコーティングはもちろん、フィルム職人やラッピング職人も在籍しており、外注を行っていないため、施工費用も安く抑えられます。

メルセデスベンツ・EQGに
おすすめのガラスコーティングと料金 
  

IICでは、お客様の要望に沿った施工ができるように、さまざまなコーティングを取り揃えています。

ここでは、メルセデスベンツ・EQGにおすすめのガラスコーティングを3つ紹介していきます。
それぞれに魅力があるため、要望に合ったコーティングを検討してみてください。

SystemX / システムエックス
(セラミックコーティング)

SystemX / システムエックス(セラミックコーティング)
システムエックスコーティングは、ガラスコーティングよりも更に高品質となる「セラミックコーティング」となります。

システムエックスは、過酷な環境を想定した船舶や航空機のコーティング剤として誕生し、カーコーティング用に改良され、特徴は「圧倒的な強度」にあります。
最高被膜硬度9Hと、コーティング剤の中でも最高峰の硬度を誇っており、膜厚は最大22ミクロンもあり、一般的なコーティングの22倍となり、要望に応じて以下の5つから選べます。

システムエックス・マックス:10年耐久/22ミクロン
システムエックス・エムエフ:10年耐久/マット対応
システムエックス・ダイヤモンド:8年耐久/7.6ミクロン
システムエックス・プロ:6年耐久:5ミクロン
システムエックス・クリスタル:3年耐久:5ミクロン

※EQGの施工価格は、224,300円(税込)〜となります。

G.Guard / Gガード
(ガラスコーティング)

Gガードガラスコーティングの商品バナーぺージ

Gガードは、従来のコーティングとは全く異なるガラスコーティングです。

Gガードは、セラミックコーティングと同等、あるいはそれ以上とも呼ばれるほど高品質です。
その秘密は「塗装内面にも浸透するシリカガラスの被膜」となります。

塗装内面にまでコーティング剤が浸透するため、通常ではあり得ない膜厚の形成に成功しており、圧倒的な耐久性を手に入れました。
塗装の劣化も防いでくれるため、本来の美しい色艶を長く維持することができます。

撥水性能は「滑水性」と「親水性」から選べるため、濃色車にも淡色車にもおすすめです。

Gガードは3つの種類から選べます。

3層コート(3年サポート):199,100円(税込)~
5層コート(5年サポート):274,500円(税込)~
7層コート(7年サポート):376,600円(税込)~

※EQGの場合の料金です。

セラミックプロ9H
(ホイールコーティング)

セラミックプロ9H(ホイールコーティング)の画像

欧州車特有のブレーキダスト汚れから、ホイールを守ってくれるのが「セラミックプロ9H」です。

ホイール専用に開発されたコーティングであり、融雪剤といった酸性の薬品にも強く、高い耐久性が特徴です。
汚れの固着を防ぎ、強めに水を当てるだけで汚れを洗い流せます。

ホイールコーティングに関しても、当店では赤外線パネルを使用した乾燥を行っています。
施工イメージが湧きにくい方は「ホイールコーティング施工車のお手入れ」をご覧ください。

ホイールコーティングは、カーコーティングやカーフィルムのオプション作業となり、料金は以下の通りです。

~15インチ:27,720円(税込)
16~19インチ:29,700円(税込)
20インチ以上:31,680円(税込)

※過去にホイールコーティングをしている場合、重ね塗りすることにより、白くなってしまう可能性があります。その他施工に関する疑問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。                                        

 IICでガラスコーティングを施工した場合の作業手順について    

IICのガラスコーティング施工は、大きく分けて4つの工程に分かれています。
ここでは、4工程で具体的にどのような作業を行っているのか、詳しく解説していきます。

ボディ状態の確認後、下地処理を行う

黒い車に研磨作業中の写真

コーティングのご依頼を頂き、お車を預かった後は、はじめにボディ状態を確認します。
中古車はもちろん、新車であっても鉄粉や花粉の付着があり、中には、傷だらけのボディもあります。
どこにどのような汚れが付着しているのか、確認した上で下地処理を開始していきます。

下地処理の主な工程は以下の通りです。

・鉄粉やその他不純物の除去
・ボディの磨き作業
・純水による洗車仕上げ

下地処理をいかに徹底して行うかによって、コーティング施工後の輝きや艶が全く異なります。
経験豊富なプロが、目に見えないようなシミや傷までしっかり磨き、最善の状態に仕上げていきます。                 

専用ブースでコーティング剤を塗布していく

専用ブースでコーティング剤を塗布していく
純水洗車を行った車は、コーティング施工専用のブースに移動した後に、コーティング剤を塗布していきます。
膜厚を均等にするための作業(レベリング)を行い、ムラなどが一切できないように隅々まで丁寧に施工していきます。

専用ブースは作業ブースと完全に仕切られているため、ボディにホコリなどが落ちてくることもなく、仕上げ拭きによる線傷の発生も防げます。

遠赤外線乾燥により完全硬化させる    

メルセデスベンツマイバッハ コーティング乾燥中の画像

コーティングを均等に塗った後は、遠赤外線(80℃)により、完全硬化させていきます。
自然乾燥による初期硬化とは、比べ物にならないほどの固い被膜を形成させられるため、効果も長持ちします。    

お客様にご確認いただき、納車完了

ランボルギーニアヴェンタドール(空)の写真

コーティングの完全硬化が終了し、最終仕上げも完成した後は、納車となります。

納車の際には、ボディの状態を確認していただくのですが、あまりの激変ぶりに驚くお客様も多くいらっしゃいます。
ご確認頂いた後は、日頃のお手入れや今後の流れについて、担当スタッフから説明があり、納車完了となる流れです。

初めてコーティングする方はもちろん、別の店舗で施工経験がある方も、ぜひ当店のコーティング施工を一度ご体験ください。                

カーコーティング施工に関する6つの質問

カーコーティングに関する情報を調べると、さまざまな声がネット上で見受けられます。
中には「コーティングをしたら、お手入れは要らない」といった間違った情報も少なからずあります。

ここでは、カーコーティング施工に関する、6つのよくある質問にプロが分かりやすく答えていきます。
施工メリットやメニューの選び方、普段のお手入れ方法に関する内容となりますので、ぜひ参考にしてみてください。             

コーティングを施工する魅力やメリットは?

コーティング施工をする魅力やメリットとしては、以下のような内容があります。

・ボディの輝きが増し、深みのある艶が生まれる
・汚れの固着を防ぎ、線傷やシミの発生を抑えやすくなる
・汚れが固着しないため、洗車など日頃のお手入れがとても楽になる

コーティングはボディをキレイに見せるだけでなく、汚れなどの固着を防ぐ目的もあります。
ちょっとした汚れであれば、水だけで洗い流せて、水の拭き取りも驚くほど楽になります。

「予想以上に汚れにくく、お手入れが楽になった」と驚きの声を多数頂いています。              

コーティングメニューの選び方は?

コーティングメニューの選び方は、駐車環境や使用頻度、気になる症状によって変わります。
あくまでも決定事例とはなりますが、以下のような考え方があります。

・使用頻度が多く青空駐車であるため、耐久性に特化したコーティングを選択
・3年で乗り換える予定であり、屋根付き駐車場なので、費用を抑えたコーティングを選択
・長く乗り続ける予定であるため、アフターメンテナンスの長いコーティングを選択
・濃色車でシミが気になるため、撥水系ではなく水玉のできにくい親水系を選択

このように、依頼者の使用環境に応じたコーティングを選ぶ必要があります。
コーティングの選び方に関しては、依頼当日にスタッフと話し合った上で決めても全く問題ございません。                    

ディーラーでコーティング施工するメリットは?    

コーティング専門店IICで施工するメリットや魅力を説明してきましたが、ディーラーに施工をお願いするメリットは「修理や点検も一緒にお願いできる」ことです。
自動車の構造に詳しい整備士が在籍しているため、メンテナンスの際には修理や点検も一緒に依頼できます。            

コーティング施行車の日頃のお手入れ方法は?

コーティング施行後の日頃のお手入れは、1週間~2週間に一度水洗いかシャンプー洗いを行います。

「コーティング施工すれば、お手入れは一切必要なし!」といった誇大広告を目にすることもありますが、施工車であってもお手入れは絶対に必要です。
汚れは水と合わさってシミを発生させるため、洗車のタイミングとしては、雨の前か後がおすすめです。

洗車する場合には、ボディに優しい「マイクロファイバークロス」の使用をおすすめします。
当店では、スタッフからの評判も高い、クロスを5枚セットで販売しています。

気になる方は「耳なし高級マイクロファイバークロス5枚セット」をご覧ください。                      

自動洗車機は利用しても大丈夫?    

洗車は基本的に手洗いがおすすめですが、時間がない場合には自動洗車機を使用しても問題ありません。
ただし、洗車機の中にはブラシのお手入れを全くしていないお店もあるため「ノンブラシタイプ」の洗車機を利用するようにしましょう。
洗車メニューに関しては、艶出しコート剤などが配合されたメニューは避け、中性シャンプーか水洗いを選びます。

コーティング施工は自分でもできる?

専門店と遜色のないコーティング施工は難しいものの、新車への簡単な施工であれば、自分でも作業できます。
高品質なコーティングほど、失敗した場合に被膜が剥がれにくいため、必ず施工方法や注意点を守って作業するようにしましょう。    

当店では、自分でできるコーティング施工キットを販売しています。
施工方法も難しくはないため、初めての方でも安心です。

自分でできるホイールコーティング施工セット

自分でできるボディコーティング(滑水タイプ)セット

メルセデスベンツ・EQGのコーティングならIICへ                       

ベンツEQG6枚の写真

コーティング専門店IICは、国内最高峰の施工設備を完備しており、多くの施工実績があります。

ボディコーティングだけでなく、ホイールコートやカーフィルムなど、車に関するさまざまなメニューも提供しています。

「まずは工場見学をしてみたい」といったことでも大歓迎しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同ご来店をお待ちしております。

車のコーティング
千葉県市川市のカービューティーアイアイシー
車のコーティングは千葉県市川市の
カービューティーアイアイシーへ