デッドニングとは?音質向上と車内空間を向上させるデッドニング

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

デッドニングとは?音質向上と車内空間を向上させるデッドニング

車のデッドニングと言えば、今までは音質向上が目的で施工しておりました。
しかし、近年自動車の軽量化に伴いロードノイズ対策としてデッドニングが注目されています。

では、デッドニングとは何でしょうか?

この記事ではデッドニングとはという基本的なことから、デッドニングの効果や施工できる箇所などを詳しく解説していきます。

皆様が音質向上やロードノイズを軽減し快適な車内空間を実現できるようにお伝えしていきます。

デッドニングとは

デッドニングとは、「何かを無効にする・弱める」を意味する「Deaden」という動詞の名詞形となります。
車のデッドニングにおいて何かを無効にする・弱めるというのは下記のようなものを弱めることになります。

・鉄板の共振を抑えロードノイズを軽減する
・外部からの騒音や車内の音を吸収し反響を抑える
・スピーカーの音質を向上させる

デッドニングとは、主に上記の2項目を弱める。または、軽減することをカーデッドニングと言います。

これらの3項目は施工箇所や使用する商材によって軽減するものが変わってきます。
次の章では、上記3項目について詳しくみていきましょう!

デッドニングの効果

先ほど3項目の軽減するまたは弱めるという事をお伝えしました。
では、詳しく見ていきましょう!

❶鉄板の共振を抑えロードノイズを軽減する

車は高速走行する際にタイヤと路面に摩擦が加わり振動や衝撃が発生します。
この振動や衝撃がタイヤ回りから車内に伝わります。デッドニングを行うことでこれらの振動を吸収し鉄板部分の共振を抑えることが可能となります。

ロードノイズ対策

車はカーペットやドアの内張を剥がすと上記のように鉄板がむき出しになっています。
デッドニングを行うことで振動が鉄板に伝達されるのを軽減しロードノイズを抑えることが可能となるのです。

❷外部からの騒音や車内の音を吸収し反響を抑える

S660 フロア部分

デッドニングの効果の2つ目は音や声(騒音)を吸収し反響を抑えることが可能となります。
車に乗車すると、車外からの騒音が車内に入り込みます。

また、室内でサウンドの音や会話などの声が鉄板に反響しノイズを発生します。

これらのノイズは人間が長時間聞いているとストレスを感じ疲労を引き起こします。

騒音を吸収することで、ノイズが減りストレスを感じにくくなります。

❸スピーカー音質の向上させる

ドアにデッドニングをすることで、低周波帯の音が聞き取りやすくなります。
これは、純正スピーカーでも期待できる効果で、ドアのパネルに制振材や防音材を張り付け、ドアを1つのBOX化させます。

デッドニングを行っていないドアはスピーカーから排出される音源が車外に逃げてしまい音が軽くなってしまいます。
しかし、デッドニングを行いBOX化することで、スピーカーから排出される音が車外に逃げず、スピーカーから人の耳に伝わりやすくさせるため低周波帯の音が聞き取りやすくなるのです。

低周波帯の音とはドラムやベースなどの音源が聞き取りやすくなります。

上記の3項目を抑えるまたは弱めることで車内空間が劇的に向上するのがデッドニングの効果です。

デッドニングが施工できる箇所

続いては、デッドニングが施工できる箇所についてお伝えしていきます。

ドアデッドニング

ドアデッドニング

ドアパネルのデッドニングは最も人気の高い作業です。
ドアのインナーパネル(プラスティックパーツ)を外すと鉄板がむき出しになっております。
この鉄板が外部からの騒音やスピーカーの音が車外に漏れてしまいます。

そのことで、ノイズやスピーカーの音質が悪くなってしまうので下記の画像のように鉄板部分に制振材や吸音材を張り付けてドアを補強します。

ドアデッドニングで得られる効果
・ロードノイズ(振動)を軽減
・スピーカーの音質向上(低周波帯の音が聞き取りやすくなる)
・外部からの騒音を軽減
ドアデッドニングの施工価格
・プロショップ 5~8万
・量販店2~3万※オートバックやイエローハットなど
・DIY施工1~2万※使用する材料は枚数によって異なります。

ルーフデッドニング

ルーフデッドニングとは

ルーフ部分も内張を剥がすと鉄板がむき出しです。ルーフの鉄板はフロアやドアに比べ薄いためノイズが侵入しやすくなります。
ルーフ 制振デッドニング

ルーフデッドニング部分にも制振材を張り付けることで振動を抑えることが可能となります。
これにより、ロードノイズ(振動)を抑えることが可能となります。これにより、雨しぶきなどのコン!コン!というような音も軽減することが可能です。
ルーフ デッドニング 吸音

最後に吸音材を張り付けることで車外からの騒音を吸収し快適な車内空間を実現します。

ルーフデッドニングで得られる効果
・ロードノイズ(振動)を軽減
・雨しぶきなどの振動と騒音を吸収
・外部からの騒音を軽減
ルーフデッドニングの価格相場
・プロショップ 8~15万
・量販店取扱いなし
・DIY施工3~4万※使用する材料は枚数によって異なります。

フロアデッドニング

フロアデッドニング

フロア部もデッドニングを行うことが可能となります。最もロードノイズが発生しやすいフロア部のデッドニングは有効です。

フロアデッドニングで得られる効果

・タイヤの摩擦によるロードノイズ(振動)を軽減
・エンジン音、マフラー音などを吸収
・外部からの騒音を軽減

フロアデッドニングの価格相場
・プロショップ 10~15万
・量販店取扱いなし
・DIY施工3~5万※使用する材料は枚数によって異なります。

フロアデッドニングって効果あるの?騒音と振動を効果的にカット

タイヤハウスデッドニング

タイヤハウスのデッドニングはロードノイズを軽減する上で最も重要です。
タイヤハウスデッドニング
タイヤカバーとタイヤハウスの内側に制振材や吸音材を張り付けることでロードノイズを大幅に軽減することが可能となります。

タイヤハウスデッドニングで得られる効果

・ロードノイズ(振動)を軽減
・スピーカーの音質向上(低周波帯の音が聞き取りやすくなる)
・外部からの騒音を軽減

タイヤハウスデッドニングの価格相場
・プロショップ 10~15万
・量販店取扱いなし
・DIY施工5千~1万※使用する材料は枚数によって異なります。

車のタイヤハウスにデッドニングを行う事でロードノイズを軽減

以上がデッドニングを施工できる箇所についての解説でした。

デッドニングを行う際には目的別に施工箇所を決める必要がありますのでご注意下さい。

音質向上が目的の場合
・ドアデッドニング

ロードノイズ対策が目的の場合
・フロアデッドニング
・タイヤハウスデッドニング
・ルーフデッドニング
・ドアデッドニング
・エンジンルームデッドニング

ロードノイズ対策について詳しく知りたい方は下記のページをご覧下さい。

ロードノイズは鉄板の共振と騒音が原因|ノイズ対策を徹底解説

デッドニング材の種類

デッドニング材には求める効果によって適切な材料を使用する必要があります。
デッドニング材の種類は大きく分けて2種類存在します。

デッドニング材の種類
❶制振材
❷吸音材

まずは制振材について解説致します。

制振材

ロードノイズ対策 STP

制振材はブチル素材のシートです。このシートは振動を抑えることが可能となる商品で制振効果が非常に高くなります。
特に、フロアやルーフ、ドアなどの鉄板部分に使用する製品です。

吸音材

ロードノイズの吸音材

吸音材は騒音などの音を吸収する素材です。
制振効果は全くありませんが、騒音などの吸音性には優れているため、多くのプロショップが制振材を張り付けた後に、吸音材を張り付けてロードノイズ対策の商品を販売しています。

上記2種類の商材は目的別に施工することで、車内環境が劇的に向上するのです。

デッドニングの施工価格

続いては実際にカービューティーアイアイシーでデッドニングをした場合の価格をお伝えさせていただきます。

ドアデッドニング料金表

項目ライトプランスタンダードプランスペシャルプラン
セット価格¥64,800¥86,400¥108,000
単品価格¥75,600¥97,200¥118,800
※ドアデッドニングのセット価格はスピーカー交換とセットの料金となります。

フロアデッドニング

項目ライトプランスタンダードプランスペシャルプラン
使用材料ダイピングアブソーバー
制振、吸音
STP(Aero×Flex)
制振、吸音、断熱、遮音
Apuie(高比重制振材)
フロアノイズレスラグ
サイズ国産車輸入車国産車輸入車国産車輸入車
SS¥93,600¥102,900¥117,000¥132,600¥148,200¥163,800
S¥110,100¥121,100¥137,700¥156,000¥174,400¥192,700
M¥129,600¥142,500¥162,000¥183,600¥205,200¥226,800
L¥149,000¥163,800¥186,300¥211,200¥235,900¥260,800
LL¥171,300¥188,400¥214,200¥242,800¥271,300¥299,000
1BOX¥197,100¥216,000¥246,300¥279,200¥312,000¥344,900

ルーフデッドニング

構造STP(Aero×Biplast)
制振×吸音・遮音・断熱
2重構造
アブソーブ 3重構造
サイズ国産車輸入車国産車輸入車
SS¥100,400¥112,700¥125,280¥140,300
S¥105,900¥116,640¥129,600¥142,800
M¥114,500¥131,300¥145,800¥163,600
L¥125,900¥157,500¥174,960¥189,400
LL¥144,800¥173,200¥180,360¥199,600
1BOX¥166,520¥190,500¥224,640¥243,500

その他 デッドニング料金表

項目ラゲッチトランクゲートボンネット
SS¥54,600¥35,100¥23,400
S¥64,200¥45,900¥27,500
M¥75,600¥54,000¥32,400
L¥86,900¥62,100¥37,200
LL¥99,800¥71,400¥42,800
1BOX¥104,980¥74,900¥44,900

フルデッドニング料金表

項目ライトプランスタンダードプランスペシャルプラン
サイズ国産車輸入車国産車輸入車国産車輸入車
SS¥303,700¥328,400¥345,000¥369,000¥386,300¥411,200
S¥357,300¥386,400¥405,900¥435,000¥454,500¥483,600
M¥397,000¥429,400¥451,000¥483,400¥505,000¥537,400
L¥436,700¥472,300¥496,100¥519,800¥552,300¥591,100
LL¥480,300¥519,000¥545,700¥571,800¥612,000¥650,200
1BOX¥504,300¥545,000¥572,900¥596,300¥638,600¥682,700
※フルデッドニングにはドア、ラゲッチ、トランクゲート、ボンネット、ルーフが含まれます。
※ルーフデッドニングは2重構造となります。アブソーブ 3重構造をご選択の場合は別途料金が発生いたします。

※上記価格は2020年5月30日現在の価格となります。

ちょっと高いな!自分でやってみようかな?という方は次の章をご覧下さい。

デッドニングをDIYでやる場合

デッドニングはプロにお願いした方がノイズ対策は高いですが、自分で行う事も可能となります。
ここでは、ざっくりとした施工手順をお伝えしていきます。

❶道具の準備
❷内装パネルの取り外し
❸鉄板部分の掃除(油分の除去)
❹制振材の貼り付け
❺吸音材の貼り付け

以上が施工手順です。
上記施工手順のポイントや使用するおすすめのデッドニング材などを知りたい方は下記のページをご覧下さい。

デッドニングを自分(DIY)でやる方法とデッドニング材選びのポイント

デッドニング施工でよく頂く質問

デッドニングをして燃費は悪くならないの?

音質改善が目的であれば、フロントドアのみの施工で十分です。共振を抑え吸音シートを重ね貼りし音漏れを軽減することができます。その際のフロントドアの重量増加は両ドアで5キロ程度で、ドアの締まりも良くなります。燃費に影響がある程の増加ではありません。

そして車内を快適で静かな環境にするためのフルデッドニングですが、こちらも50キロ程度の増加です。一見、かなりの重量増に見えますが、人ひとり分くらいの増加ですので燃費にはほぼ影響がありません。フルデッドニング施工はレーシングカーの様に1000分の1秒を争う方にはお勧めしません。

スピーカー交換とデッドニング、どっちを先にやるべき?

はじめはデッドニングをお勧めします。車を購入するときまず初めに「見た目、カッコよさ、使いやすさ」を基準に選択すると思います。次に何を気にされますでしょうか?やはり燃費ではないでしょうか。リッター何キロ走るか気になるところです。メーカーはこの燃費の数値を上げるためにたくさんの工夫をしています。素材の選択や、コストカット、軽量化など良いことだらけのように見えますが、これではとても良い音で聴く環境ではありません。まずは環境を整えるだけで共振やこもった感じを改善出来て引き締まった再生になります。そして次に音域を広げ、音質を改善するための好みのスピーカーへの交換をお勧めします。

デッドニングをした場合、売却時の査定に影響するの?

デッドニングとは基本的に内装を取り外した部分の施工となるため、施工後は見た目の変化はございません。そのため、査定がマイナスになることはございません。あえて言えばオプションパーツや社外品、カスタムパーツなどはプラス査定になる場合がございますが、デッドニング施工はマイナスにもならなければプラスにもなりません。投資した金額はそのままということになります。

事故で板金修理のときなどの場合はどうなるの?

板金屋さん泣かせなのは唯一のデメリットかもしれません。事故などで板金修理の際、 デッドニング材を剥がさなければ修理は出来ません。例えば自爆事故の場合で車両保険を使用しない場合はすべて自己負担となります。
逆に車両保険や相手方の対物保険を使用しての修理の場合、最近では保険での請求が原状回復ということでほぼ認められてます。 ※保険会社への確認は必要です。

まとめ

デッドニングとは車のノイズ(振動や騒音)を弱めるまたは軽減する目的とスピーカーなどのサウンドの音質を向上させるために行う作業です。

このデッドニングを行うことでロードノイズなどの騒音や振動を軽減することが可能となるためストレスを感じにくくさせます。

デッドニングは施工する箇所によって得られる効果が異なり、使用する商材によっても変わってきますので納得いくデッドニング作業を行うようにしましょう!

大切な愛車にデッドニングを行うことで快適な車内空間が実現できれば幸いです。