ドアデッドニングとは?必要性と効果をプロが徹底解説

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

ドアデッドニングとは?必要性と効果をプロが徹底解説

従来の車のデッドニング作業は音質向上を目的に行うことが支流でした。
しかし、最近ではロードノイズや騒音対策のためにデッドニングを行う方も増えています。

ドアデッドニングを行うことで、外部からの騒音をカットすると同時に、ロードノイズ対策、音質向上など様々なメリットが得られます。

この記事では、ドアデッドニングについて徹底解説すると同時に、ドアデッドニングのDIY施工方法など詳しく解説させて頂きますので参考にしてください。
ドアデッドニングなら千葉、東京のIIC

ドアにデッドニングは必要?

スバルWRXドアデッドニング

ドアデッドニングが必要か否かは施工する人が何を求めているかによって必要かそうでないかが変わってきます。

ドアデッドニングを施工する際に、音質向上を行いたい、もしくはロードノイズ対策や騒音を軽減させたい!と思っている方にとってはドアデッドニングは必要不可欠です。
何故なら、ドアの鉄板は非常に薄く、外部からの騒音や車の走行時に発生するタイヤと路面の摩擦による振動でロードノイズが発生します。

このロードノイズを対策するなら、ドアに制振材や吸音材を張り付けることで、効果的にロードノイズを軽減させることが可能となります。

次の章でドアデッドニングの効果を詳しくお伝えします。

ドアデッドニングの効果とは

車のドアは下記画像のように鉄板がむき出しになっています。
まずはドアの内張を剥がした画像をご覧ください。

ドアデッドニング施工前
ドアデッドニング施工前

ドアデッドニング施工前の画像を見ると、内張を外すと鉄板がむき出しになっているのがお分かりでしょうか?
この鉄板部分がむき出しのせいで、車外から騒音が侵入したり、ロードノイズが車内に発生してしまいます。

このように鉄板がむき出しなドアに、振動を抑える制振材や騒音を吸収する吸音材を張り付けることでロードノイズを軽減させることが可能となります。

ドアデッドニング施工後
ドアデッドニング施工後

上記、対策を行うだけで、相当の効果を実現することが可能となります。

ドアデッドニングの3つの効果

ドアデッドニングの3つの効果とは、①振動を抑えることによるロードノイズ対策②騒音を吸収することが出来る③音質向上

この3つがドアデッドニングの主な効果となります。

①振動を抑えることによるロードノイズ対策

ドアの鉄板部分に制振材を張り付けることで、タイヤと路面の摩擦によるロードノイズ対策(振動)を抑えることが可能となります。高速走行時にタイヤと路面の摩擦でガガーと響くような振動を抑えることで車内環境が劇的に向上します。

②騒音を吸収することが出来る

騒音を吸収するために吸音材をドアに貼ることで、高速走行時の風切り音や車外からの騒音を吸収し、車内に伝わりづらくさせます。また、車内で会話する音やステレオから発する音が鉄板に跳ね返るのを抑えることが出来るため車内が圧倒的に静かになります。

③音質向上

従来のデッドニングの目的は音質向上でした。ドアのスピーカーから排出される音が車外に逃げてしまうことで、車内に伝わる音が小さくなってしまうため、

 

自分で行うドアデッドニング

1、インナーパネルの取り外し

ドアデッドニング施工

ドアのインナーパネルはクリップやネジで固定されているため、あらかじめネジを外していきます。
ネジの取り外し方法は車種名とドアパネル外し方で調べて外しましょう。

2、インナーパネルに制振材の張り付け

続いて、ドアパネルを外したらインナーパネル(鉄板部分)に制振材を張り付けていきます。
15㎝四方に制振材をカットして張り付けていきます。隙間は5㎝間隔で均等に空けながら制振材を張り付けるようにしましょう。

3、吸音材の張り付け

ドアデッドニング施工

制振材を張り付けた後は上から吸音材を重ねていきます。吸音材を張り付ける際には隙間が出ないようにしっかりと張り付けていきます。
隙間が空いていると、車外から侵入する騒音が車内に入り込むため隙間は出ないように注意しましょう。

4、アウター側に制振材の張り付け

ドアデッドニング施工

続いてはドアのアウター側に制振材を張り付けていきます。ドアパネルはサービスホールと言ってインナーパネル側に工具や手が入るように大きな穴が数カ所空いています。この穴が開いていると車外から騒音が入り込んだり、振動でロードノイズが車内に伝わってしまうので、アウターパネルをしっかりと塞ぎましょう!

5、ドアパネルに吸音材の張り付け

ドアデッドニング作業

最後にドアパネルに吸音材を張り付けて作業完成です。これにより、外部からの騒音を効率よくカットするため車内環境が劇的に向上します。

ドアデッドニングの費用

ドアデッドニング料金表

 

ドア2枚スタンダードプラン(ブチル性)スペシャルプラン(アルミ製)
セット価格¥88,000¥110,000
単品価格¥99,000¥121,000
ドア4枚スタンダードプラン(ブチル性)

スペシャルプラン(アルミ製)

セット価格¥149,600¥187,000
単品価格¥168,300¥205,700

※ドアデッドニングのセット価格はスピーカー交換とセットの料金となります。
※全て税込価格です。
※スタンダードプランには内装パネルの吸音作業は含まれません。

上記価格はデッドニング専門店のカービューティーアイアイシーで施工した場合の価格となります。

まとめ

ドアデッドニングは車内環境を向上させるために必要不可欠な作業と言えます。
ドアデッドニングを行うことで①外部から侵入する騒音をカット②タイヤと路面の摩擦で発生するロードノイズを軽減③スピーカーから排出される音が良くなる

以上3つのメリットがドアデッドニングで得られます。

デッドニング専門店で施工する場合の価格はドア2枚で6万~8万ほどとなります。
安く抑えるなら自分でデッドニングを行うことで材料費約1万~2万ほどとなります。

車内環境を整えるためにデッドニングを行い快適なカーライフが得られれば幸いです。