コーティング硬度って何?9Hコーティングってキズ入らないの?

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

コーティング硬度って何?9Hコーティングってキズ入らないの?

車のコーティングを選ぶ際に硬さを宣伝しているショップが多く存在しますよね?
コーティング専門店のIICでも最高被膜硬度9Hのセラミックコーティング!とお伝えをしております。

しかし、多くの方がその硬さについて誤解をお持ちです。今回の記事ではコーティング被膜の硬度について徹底解説をさせていただきます。

コーティングの硬度をしっかりと理解して頂きコーティング選ぶを行って頂ければ幸いです。

コーティングの硬度には大きく2種類ある

車のコーティングを施工しようと思った時に大きく2種の硬度が存在します。

①モース硬度

段階モース硬度キズがつく目安
1 滑石最も柔らかい
2 石膏金具で傷が入る
3方解石硬貨で傷が入る
4プラチナナイフの刃で簡単にキズを入る
5黒曜石ナイフの刃で傷が
6ラピスラズリ鋼ヤスリでキズがつくがウィンドウガラスより硬い
7水晶鋼ヤスリで傷が入る
8トパーズ鋼ヤスリでキズがつかない
9サファイアダイヤモンド以外の宝石でキズがつく
10ダイヤモンド地球上の鉱物の中で最も硬い

上記のようにモース硬度は10段階あります。モース硬度10が最も硬く1が最も柔らかい物質となります。

では、鉛筆硬度とはなんでしょうか?

②鉛筆硬度

鉛筆硬度とは鉛筆の芯の硬さで表した硬度です。

主に鉛筆の芯には『6B』『5B』『4B』『3B』『2B』『B』『HB』『F』『H』『2H』『3H』『4H』『5H』『6H』『7H』『8H』『9H』が存在します。

鉛筆硬度9Hだから傷が入らない!について誤解している方が多いのは、このモース硬度と鉛筆硬度が入り混じっているために起こっています。

鉛筆硬度はモース硬度よりも遥かに柔らかいため、誤解しないようにして下さい。

鉛筆の芯(9H)の硬さは鉄や金属よりも遥かに柔らかいため傷は入ってしまいます。

コーティング専門店でお伝えしている硬度は基本的に鉛筆硬度を表記しています。
※一部の商品ではモース硬度を表記した商品もあります。

結局鉛筆硬度9Hのコーティングは硬いの?

鉛筆硬度9Hとはコーティング被膜の中でも非常に硬い被膜を形成します。
しかし、非常に薄いコーティング被膜を塗装に塗布しても強度は9Hまで引き上げることは出来ません。
コーティング被膜単体では、9Hの被膜を形成しますが、元が柔らかい塗装に塗布する場合は9Hの硬度を発揮することは難しく、コーティングを重ね塗りする必要があるのです。

国産車の塗装の硬さ

国産車の塗装の硬さは約2Hと言われており、9Hのコーティング被膜を1層重ね塗りすることで1H程度強化されます。
その為、2Hの塗装面に7層コートを施工することで鉛筆硬度9Hのコーティング被膜を形成するのです。

しかし、注意して頂きたいのは、硬い被膜を重ね塗りするとクラック(ひび割れ)の原因になるため、通常のコーティングでは重ね塗りは2層もしくは3層が限界になります。

一方、セラミックプロ9Hというコーティングは被膜を最大10層まで重ね塗りすることが出来る商品が存在します。

このコーティングを10層塗りすることで最高硬度9Hを発揮し、塗装に傷が入りづらくなります。

セラミックプロの驚きの性能を動画で見る

上記のパネルはセラミックプロ9Hを10層に塗り重ねたパネルです。被膜の層が少ない分傷は入りやすくなります。

鉛筆硬度9Hのコーティングは傷付かない?

鉛筆硬度9Hのコーティング被膜でも塗装面にはスクラッチ傷は入ってしまいます。
もちろん鉛筆硬度9Hのガラスコーティングを施工することで傷は圧倒的に入りづらくなりますが全く入らない訳ではありません。

コーティングを依頼する時にはその点を理解した上でコーティングをするようにしましょう!

弊社のお客様でも鉛筆硬度9Hのコーティングを行うことで洗車機に入れても傷が入らない!と思ってしまい洗車機に入れた結果無数の小傷が付着したという事例もあります。
硬いコーティング=傷が入らないではなく、硬いコーティング=傷が入りづらいと解釈するようにしましょう!

塗装面に付着する鉄粉や砂利などは鉛筆硬度9Hよりも遥かに硬いものとなります。

キズを気にするなら硬いコーティングよりも傷が復元するコーティング

塗装面に傷をつけたくないから硬いコーティングをするというのも良いですが、コーティングプロショップに努める私がおすすめするのは、傷が復元するコーティングをおすすめいたします。

下記の動画のようにコーティング被膜に付着した微細な小傷が熱で消えるという全く新しいコーティングシステムが存在します。
このコーティングは被膜が非常に厚く柔軟性に優れるため熱でコーティング被膜が変形し傷を消すという画期的なコーティングです。

キズが消えるコーティング動画

このコーティング名はファインラボコーティングというメーカーのコーティング剤です。
セラミックスコーティング被膜が塗装を覆い耐薬品性や耐擦り性能に優れたコーティングとなります。
従来のガラスコーティングに比べ被膜の厚みは約10倍ほどとなるため光沢にも優れたコーティングとなります。

キズが消えるファインラボコーティングを詳しく知りたい方はこちらをクリック

まとめ

ガラスコーティングで表記されている〇Hのガラスコーティングというのはモース硬度とは異なり、遥かに柔らかくなります。
その為、傷が全く入らない!と理解している方も多いのですが、塗装面に形成するガラスコーティングでは被膜が非常に薄いため塗装面に傷は付着してしまいます。

しかし、コーティング被膜を塗り重ねることで強度を増すことが可能となるためセラミックプロ9Hなどのコーティングを5層以上行うことで耐擦り性能に優れた被膜を形成します。
あくまでも傷が入りづらくなるだけで全く入らない訳ではありませんので正しく理解しておきましょう!

また、最近では、傷が消えるという全く新しいコーティングシステムが普及してきました。このコーティングは塗装面に付着した微細な小傷が熱で消えるという全く新しいコーティングとなります。

硬いコーティングで傷をつけづらくするよりも、傷が消えるコーティングを施工してスクラッチ傷が対策を行うことをおすすめします。
また、コーティングを選ぶ際の注意点はコーティング剤によって効果効能や硬度が異なりますので選ぶ際には十分に注意して行いましょう!
車のコーティング剤の種類について徹底解説した記事はこちら

この記事を読んで、スクラッチ傷の悩みから解放され愛車がいつまでも綺麗な状態にキープできれば幸いです。