車の天井が垂れてきたり剥がれたら張替えを

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

車の天井が垂れてきて困っているというご相談を多くいただきます。車の天井は接着剤で布が張られています。天井が垂れてしまうと運転に悪影響を与えたり、見栄えも良くありません。万が一天井が垂れてきてしまったら千葉県のカービューティーアイアイシーへご相談下さい。天井修理の施工実績豊富なIICでは天井の垂れを綺麗に直します。

外車(欧州車)の天井は垂れやすい

外車(欧州車)の天井は垂れやすい

外車の天井は接着剤が日本の気候に合わないようで新車から数年で剥がれてきてしまうことも少なくありません。

特にジャガーやフォルクスワーゲン、BMW、ポルシェなどの欧州車は天井が最もはがれやすくなります。一度剥がれてしまうと剥がして、改めて張り付けない限り綺麗にはなりません。特に、日本は寒暖差が激しい点と湿度も高くなるためはがれやすいのではないかと考えられています。

大切な愛車を綺麗に保つためにも欧州車の天井が剥がれてしまった場合はご相談下さい。

天井張替の価格

天井張替の価格

天井張替はDIYで施工すれば数万円で済むこともありますが、自分での施工は容易ではありません。天井が剥がれてしまった場合はコストをしっかりとかけてあげることが綺麗に仕上がります。また、耐久性面でも十分なコストをかける必要があります。IICでの天井張替の価格は約12万前後となっております。車種によって異なりますが、施工の品質面や耐久性面でも安心できる仕上がりです。

天井張替の動画はこちらからどうぞ

天井張替の施工手順

①天井の脱着

①天井の脱着

天井を車体から取り外す作業です。天井を取り外す際には、ピラーやクォーターパネルの内張を剥がすことが必要です。その後、天井を車外に出す作業を行います。この際には他のパーツにキズをつけないように十分注意して作業していきます。

②天井の布を剥がす

②天井の布を剥がす

天井の布を剥がすとスポンジが劣化してボロボロになっているケースが多くあります。ボロボロのスポンジが残った状態ではすぐに垂れてしまうため、スポンジを完璧に除去していきます。この作業も結構時間がかかります。スポンジを完全に除去した後には接着剤もクリーニングしていきます。この作業を行うことにより接着剤が天井に定着し、耐久性を向上させるのです。また、生地を張り付けた後にぼこぼこにならないように丁寧に行います。

③接着剤の塗布

③接着剤の塗布

天井の素材に接着剤を塗布していきます。

IICで使用する接着剤は高性能商品となりますのですぐに天井が垂れてしまうこともありません。

天井張替の実績豊富で経験があるからこそできる技術です。

④天井の生地を貼る

④天井の生地を貼る

IICでは数多くの生地をご用意しております。純正タイプの布素材はもちろん、高級スエードもご用意しております。高級スエードは追加で3万円前後で施工できます。スエードタイプの素材は見た目の高級感もありますので、ただ単に修理するのではなくスエードを使用して高級感を演出するのも一つです。カラーバリエーションも豊富ですのでお好みのカラーで施工することが可能となります。また、安全性も確保した素材を使用します。防炎の生地を使用しておりますので車検も問題ありません。

天井張替の詳しい内容はこちら

⑤車体へ取り付け

⑤車体へ取り付け

天井の生地を貼った後には十分に乾燥させて車体に張り付けていきます。車体に張り付ける際にも内装パーツをキズつけないように丁寧に施工をしていきます。 国産車でも天井が垂れてしまうこともありますので万が一天井が垂れてしまった場合はIICへご相談下さい。

天井張替の施工ブログはこちらからどうぞ