車のコーティングは効果が7つ!最も効果が高いコーティングとは。

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

ガラスコーティングとは。効果や価格・お手入れをプロが解説

車のコーティングを施工しようか考えたときに車のコーティングの効果って何が得られるの?コーティング効果の高い商品が知りたい!そう思っていないでしょうか?実は車のコーティングの効果は施工するコーティングの種類によって異なります。また、コーティングのタイプ(水弾き)によっても大きく効果は異なるので今回の記事では車のコーティングの効果を徹底比較すると同時に、効果の最も高い商品をご紹介させていただきます。

コーティングの効果を理解し車のコーティング選びの参考にして頂ければ幸いです。

運営元:ガラスコーティング専門店のIIC

車のコーティングで得られる7つの効果

車のコーティングで得られる最大の効果は、コーティング被膜が塗装面に覆うことで、汚れの付着を軽減すると同時に水洗いで簡単に汚れが落とせるようになります。また、コーティング被膜が塗装表面を酸化や色あせなどから守り美しい状態を保つ効果が得られます。具体的な効果は主に7つありますので詳しく見てみましょう。

車のコーティングで得られる7つの効果
①コーティング被膜が紫外線を軽減し塗装の色あせを守る
②酸性雨による参加や水シミの付着を軽減する効果
③車体が汚れづらくなりお手入れが楽になる効果
④硬い被膜を覆うことで細かい傷がつきづらくなる効果
⑤セルフクリーニング効果による自浄性が得られる
⑥光沢が増し輝きが向上する効果が得られる
⑦長期間きれいな状態を持続させるため下取り時の査定額がアップする

以上、車にコーティングをすることで7つの効果が得られます。1項目ごとに詳しく見ていきましょう!

効果①コーティング被膜が紫外線を軽減し塗装の色あせを守る

効果の1つ目は紫外線から塗装面を保護し色あせを防ぐ効果が得られます。紫外線は塗装にダメージを与えるため色あせが発生したり、酷い場合には塗装が剥離したりひび割れを起こしてしまいます。車のコーティングをしておくことで紫外線によるダメージを防ぎ色あせの発生を抑えることが可能となります。

②酸性雨による参加や水シミの付着を軽減する効果

イオンデポジット
2つ目の効果は水シミが付着しづらくなります。雨が乾くと塗装面には水シミが付着してしまいそのシミを長時間放置しているとウォータースポットとなり塗装面を陥没させてしまいます。ウォータースポットが発生すると研磨作業でなければ綺麗に復元することが出来なくなってしまいますがコーティングを施工しておくことで水シミの付着を軽減させることが可能となります。

③車体が汚れづらくなりお手入れが楽になる効果

車のコーティングの効果

コーティング被膜が塗装面を覆うことで車体が汚れづらくなると同時に汚れても水洗いで簡単に落とせるようになります。その為、コーティングを施工しておくことで洗車が楽になり普段のお手入れが簡単に済みます。

④硬い被膜を覆うことで細かい傷がつきづらくなる効果

車のコーティングは硬い被膜を形成する商品があり、硬い被膜で塗装面を覆うことで細かい擦り傷が付着しづらくなる効果が得られます。特に濃色車(黒い塗装)は細かい傷が目立つため傷を防止してくれることで長期間新車のような状態を持続させます。

⑤セルフクリーニング効果による自浄性が得られる

5つ目はセルフクリーニング効果により自浄性能が得られる点です。コーティング被膜は汚れや水分を弾く性質があるため、雨が降ることで汚れが比較的流れ落ちてくれる効果が得られるので洗車の頻度を減らすことが可能となります。

⑥光沢が増し輝きが向上する効果が得られる

6つ目は光沢が増し新車以上の輝きが得られるようになります。車の塗装面にコーティング被膜を形成することで塗装に深み増し輝きが向上する効果が得られます。

⑦長期間きれいな状態を持続させるため下取り時の査定額がアップする

最後の効果はコーティング施工により車を手放す際の下取り価格(査定額)が上がります。車の下取り業者は走行距離とメンテナンス記録そして、車体の綺麗さを確認して査定額を決定します。車が綺麗な状態であれば次のオーナーさんに高く売れるため高く買い取ってくれるようになります。

以上、車のコーティングは7つの効果を得ることが可能となります。しかし、施工するコーティングの種類で効果効能は異なりますので次の章では、種類別の効果を見ていきましょう!

実は車のコーティングの種類で効果が異なる

車のコーティングは大きく分けて5種類存在します。コーティングの種類によって効果効能が異なりますので詳しく見てみましょう。

防汚性効果(よごれづらさ)耐擦り効果(被膜硬度)耐紫外線性(色あせ抑制効果)効果の持続期間
油脂コーティング×××1週間
樹脂コーティング×6カ月
ガラス系コーティング×1年
ガラスコーティング3年
セラミックコーティング5年

図を見てもお分かりの通り、実際に施工するコーティングで効果効能は異なります。より効果の高いコーティングを選ぶならガラスコーティングやセラミックコーティングを施工するようにしましょう!ここからはそれぞれのコーティングの特徴を見ていきましょう。

関連記事:車のコーティングの選び方が10秒でわかるフローチャートをプロが解説

油脂コーティング(ワックス)

油脂コーティングとはカーワックスを指します。固形ワックスや半練りタイプのワックスはカーコーティングの中で最も安価で手軽に施工できる製品です。この油脂コーティングはカルナバ蝋という植物から採取される蝋(油)となります。この蝋で塗装を覆うことで輝きが向上し、撥水性能も良好になる特徴があります。しかし、油のため熱に弱く持続性は約1週間程度となります。コーティング初心者の方が多く使用しているコーティングです。

油脂コーティングの主な効果
①油の光沢向上
②水弾き(撥水性能)が得られる。以上、2つの効果を得ることが可能となります。

樹脂コーティング(ポリマー)

樹脂コーティングはポリマーコーティングと言われる製品で、シリコーンやフッ素などの原料にしたコーティング剤です。塗装内部に浸透していくためワックスに比べると持続性が高くなります。駐車環境によっても異なりますが、ポリマーの持続性は約3~6ヵ月前後となります。施工価格も2~3万ほどで施工できる製品です。しかし、数か月もしくは1年に1度は樹脂コーティングをやり直す必要がある商品です。主にネットや量販店で販売されているスプレータイプのコーティング剤はほとんどがポリマーコーティングとなり、自分でも気軽にコーティングが施工できる製品です。

樹脂コーティングの効果
・軽度な紫外線カット効果
・撥水性能
・光沢向上。以上3つが樹脂コーティングで得られる効果となります。

ガラス系コーティング(ポリマー&ガラス繊維系)

ガラス系コーティングはポリマー成分にガラス繊維を配合したハイブリット製品です。従来の樹脂コーティングに比べ持続性や効果効能は高くなり、ガラス系コーティングの持続性は約1年~2年となります。※駐車環境によっても異なります。ガラス系コーティングは樹脂コーティングに比べ耐紫外線性効果や耐熱性に優れた商品となります。

ガラス系コーティングの効果
①紫外線カット機能による色あせ防止
②光沢向上
③水弾きが得られる
④防汚性効果(汚れづらい)以上、4項目がガラス系コーティングで得られる効果となります。

4,ガラスコーティング

ガラスコーティングはガラス質の被膜が塗装を覆うことで酸化や色あせから塗装を強固に守ります。ガラス質の被膜が塗装面を覆うことで飛び石や細かいスクラッチ傷からも塗装を守ることができます。ガラスコーティングは無機質のコーティング被膜を形成するため自然劣化がしずらい商品です。持続効果は3年前後となります。

ガラスコーティングの効果
①耐紫外線性による色あせ防止
②ガラス被膜を形成するため傷が入りづらくなる
③無機質の被膜が有機汚れ(排気ガスなどの油汚れ)の固着を防止
④雨が降ることで比較的汚れが流れ落ちてくれる(セルフクリーニング効果)
⑤効果が長続きする
⑥ガラス被膜を形成することで深みのある光沢を実現。以上6項目がガラスコーティングで得られる主な効果です。ガラスコーティングについてもっと詳しく見たい方は下記のページをご覧ください。

関連記事:ガラスコーティングとは,効果や価格,お手入れ方法をプロが徹底解説

5,セラミックコーティング

近年、セラミックコーティングが支流になりつつあります。このセラミックコーティングは数あるコーティングの中で最も効果や持続性が高いとされるコーティングトなります。塗装面にセラミック被膜を形成することで硬度が増し効果が長期間持続する商品です。持続効果は約5~7年と長期にわたり塗装面を保護します。

セラミックコーティングの効果
①耐紫外線性による色あせ防止
②ガラス被膜を形成するため傷が入りづらくなる
③被膜が厚いため光沢に優れる
④無機質の被膜が有機汚れ(排気ガスなどの油汚れ)の固着を防止
⑤雨が降ることで比較的汚れが流れ落ちてくれる(セルフクリーニング効果)
⑥効果が長続きする
⑦ガラス被膜を形成することで深みのある光沢を実現
⑧付着した細かい小傷が消える特殊効果が得られる。となります。ガラスコーティングに比べ持続性と光沢に優れる製品となります。ガラスコーティングとセラミックコーティングの違いを詳しく見るなら下記のページをご覧ください。

関連記事:セラミックコーティングとガラスコーティングの決定的な違いを徹底解説
関連記事:車のコーティングは5種類!コーティング種類による効果をプロが解説

3つの水弾きで異なるコーティングの効果

車のコーティングは水弾き(タイプ)が3種類存在します。この水弾きとは、コーティング被膜に水滴が付着した際の接触角度を3つの区分に分けたものとなります。この3種類の水弾きでコーティングの効果効能が大きく変わってきますので詳しく解説していきます。

車のコーティング別の水弾きは3つに区分される

車のコーティングの水弾き

上記のように親水、疎水(滑水)、撥水の3つに区分されます。この水弾きによる効果や特徴を簡単にお伝えさせていただきます。下記図は親水タイプと撥水タイプ、疎水タイプのメリット(効果)とデメリットとなります。

メリットデメリット
親水タイプ水滴が塗装面に馴染むため、イオンデポジットと言われるシミが付きづらくなり洗車の回数が減る水弾きが悪いので雨の日や洗車時の見栄えが悪い
撥水タイプ水滴が塗装面に付着すると水がコロコロと弾くため洗車時や雨の日が気持ちよい。また親水に比べ汚れ落ちが良い雨などの水滴が乾いてしまうとウォータースポット(シミ)が付着しやすい。
疎水タイプ水滴が塗装に馴染みやすい性質のため撥水に比べウォータースポット(シミ)がつきづらい小雨時は水滴が塗装面に残りやすいためウォータースポットが付着しやすい

以上のように各水弾きによるメリット(効果)、デメリットをお分かりいただけたでしょうか?水弾きで効果は異なるので、ご自身のお車に最適な水弾きを選ぶことが愛車を美しく保つポイントとなります。

関連記事:車のコーティングの水弾きを徹底解説

コーティング効果が最も高いのはセラミックコーティング

現在、販売されている車のコーティングで最も効果が高いのはセラミックコーティングとなります。セラミックコーティングはコーティング被膜がガラスコーティングよりも10倍ほど厚い被膜を形成するため光沢に優れます。その為コーティング膜の硬度(硬さ)が高いため細かき小傷が付着しづらくなる効果も得られる製品です。一部のセラミックコーティングはコーティング被膜に付着した微細な小傷が消える特殊被膜を形成するため傷対策にも有効なコーティングとなります。この章では最も高いコーティングの効果のセラミックについて詳しく見ていきましょう!

1,コーティング被膜に付着した小傷が熱で消える効果

コーティング被膜に付着した細かい小傷(スクラッチ傷)が熱で消える効果が得られる商品です。塗装面はとてもデリケートなため、洗車したり触ったりするだけで細かい小傷が付着してしまいます。そのような細かい傷が付着してもセラミックコーティングなら熱で自然に自己修復するため長期間塗装面を美しく保つことが可能となるのです。

セラミックコーティングが熱で消える特殊な効果を動画で見る

2,コーティング被膜が硬いため細かい傷が付きづらい

続いての効果はコーティング被膜が硬いため細かい傷が入りづらいという効果が得られます。下記の画像のように硬い被膜を形成することでライターのようなプラスティックで塗装面を擦っても傷が入りづらくなります。その為、濃色車などの傷が目立つ車両におすすめのカーコーティングとなります。驚きの効果を動画でご覧ください。
※全く傷が入らない訳ではありません。

3,コーティング被膜が10倍ほどの厚みを形成するため光沢に優れる

3つ目の効果はコーティング被膜が従来のコーティングに比べ10倍ほどの厚みを形成します。透明な厚い被膜を塗装面に形成することで光沢が増し、新車以上の輝きを実現させることが可能となります。塗装面の輝きを増すならセラミックコーティングが良いでしょう。

以上、コーティングの効果が最も優れるセラミックコーティングの効果でした。セラミックコーティングの効果や費用をもっと詳しく知りたい方は下記のページをご覧ください。

関連記事:コーティング被膜に付着した細かい傷が消えるファインラボコーティングの特徴と効果を解説
関連記事:コーティング被膜が硬いセラミックプロ9Hの評判、効果、選ばれる理由を徹底解説

まとめ

今回は車のコーティングの効果について詳しくお伝えしてきました。

車のコーティングの効果とは、車の塗装面を保護する効果が得られるため、傷が付着しづらくなったり、色あせや酸化を守ることが可能となります。車を美しく保つなら車のコーティングは必要不可欠となります。

そして、最も効果の高い製品はセラミックコーティングとなります。セラミックコーティングの効果は傷が付きづらくなったり、付着した傷が熱で自己修復する効果が得られます。更に厚い被膜を形成するため光沢に優れる効果も得られるのです。

今回の記事を読んで車のコーティングを施工し、豊かなカーライフが実現できることを願っております。最後までお読みいただきありがとうございました。

車のコーティング
千葉県市川市のカービューティーアイアイシー
車のコーティングは千葉県市川市の
カービューティーアイアイシーへ