コーティングをした車に絶対にやってはいけない5つのこと

著者情報

カービューティーナビ

ガラスコーティング,カーフィルム,カーオーディオ専門店のトータルカービューティーIICです。ガラスコーティングやカーオーディオ、カーフィルムの施工事例やお役立ち情報(洗車方法やコーティング施工方法)などをご紹介していきます。

コーティングをした車にやってはいけない5つのこと

車のコーティングは安いものではありません。
せっかくコーティングをして綺麗な車もお手入れの仕方では輝きが低下してくすんでしまったり、シミ汚れが付着したりします。

お手入れの仕方を正しく理解していないとコーティングの寿命が低下することにもつながります。
この記事ではコーティングをした車に絶対にやってはいけない5つのことをコーティングプロショップのIICが詳しく解説していきます。

コーティングをした車にやってはいけない5つのこと

まず、この章ではコーティングをした車にやってはいけない5つのことを詳しくご説明していきます。

①コーティングした車を洗車機に入れて洗ってしまう

コーティング後に洗車機はしていけない

車を綺麗にするための洗車機ですが、高速ブラシで塗装面を洗うため、塗装面やコーティング被膜にダメージを与えます。
例えば、高速ブラシの摩擦で塗装面に細かい傷(スクラッチ傷)が付着してしまいます。

このような傷は塗装面の光沢(輝き)を低下させてしまいます。またコーティングの効果である水弾き性能も摩擦で低下してしまうため、汚れ落ちが悪くなったり、コーティングの寿命が低下する原因にもなりますので、コーティング施工した車は洗車機で洗わないようにしましょう。

②コーティングした車にワックスはNG

車のコーティングをした車にワックスはNGとなります。
何故ならば、車のワックスはカルナバ蝋などの植物から採取される油を使用しています。
コーティング被膜の上に油の膜が形成することにより、紫外線による劣化が受けやすくなります。

また、油の膜は油汚れが付着しやすくなるため、汚れやすくなってしまいます。車のコーティングをしたらワックスでのお手入れは避けるようにしましょう。

③洗車時に水道水を乾かしてしまうとシミになる

車のコーティングをしてもコーティング被膜にシミ汚れ(雨染み)が付着してしまいます。
この雨染みは一般的にイオンデポジットと呼ばれており、イオンデポジットが付着すると洗車では簡単に落とせなくなります。
下記の画像はイオンデポジットが塗装面に付着してしまった画像です。

コーティング施工後にしてはいけないこと

このイオンデポジットは水道水に含まれるカルキや塩素が原因で付着してしまいます。
炎天下で車を洗車したり、気温が高い日に洗車をしてしまうと塗装面に付着した水道水が乾きイオンデポジットが付着してしまいます。
このようなことにならないように洗車をする際には水道水を乾かさないように注意しながら洗車をしましょう!

④井戸水洗車は絶対にNG

コーティング施工後は井戸水洗車を避ける

井戸水の水分は水道水よりもカルシウムなどの物質が豊富なため、上記のようなイオンデポジットが付着しやすくなります。
井戸水が乾くと水滴の後が石化してしまい頑固に固着するため磨いても綺麗に復元できないケースもあります。

井戸水での洗車は水分をしっかりと拭き上げても必ずシミが付着するので井戸水は避けるようにしましょう。

⑤コーティング被膜に付着した汚れを放置しない

どんなに高額なコーティングでもお手入れを怠れば必ず汚れが固着したり、コーティング被膜にダメージが加わります。
このようにコーティング被膜に汚れが固着したり、ダメージが加わるとコーティングの寿命が低下するため、マメにお手入れをするようにしましょう。

ここでいうお手入れとは洗車のことです。
マメに洗車をすることでコーティング被膜のダメージを軽減し汚れの固着を未然に防ぎます。
青空駐車なら2週間に一度は洗車をするようにしましょう。
理想では1週間に1度は洗ってあげるのが理想です。

まとめ

この記事ではコーティングをした車に絶対にやってはいけない5つのことをご紹介してきました。

5つの注意点を守り、お手入れをしてあげることでコーティング被膜の寿命も向上しますので参考にしていただければ幸いです。